ひとり遊びの日記 

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、遊んだお話し綴ってます

ジョグジャでわたしのこれからを考えた

 

 

誰もが思っているんじゃないかしら?

気付けば年末ギリッギリ!?

私も あらあらあららあ~~~??

ってなっております。

 

街に活気がなく

なんだか華やかなクリスマス気分も

正月を迎える慌ただしさも

全然??な感じです。

 

 

 

11月は働かないぞ宣言は12月も続行中

なので、たっくさん遊んだ。

イノシシ捕ってレバーペースト作ったり、

毛皮をなめしたり、

輪行袋自作したり、

それに入れてクロスバイク持って遠出したり、

あれもこれも!!

書きたくて書けていない話がいろいろとある!

 

のだけれども、

今年は久しぶりにジョグジャへ行ったので

その事だけは年内に書いておきたい。

 

 ついつい長いです、今日の話。

 

 

インドネシアジョグジャカルタ

9月の後半から10月にかけて約3週間

ほぼ無目的短期滞在してきました。

ま、一応用事はあったけどね。

 

泊ったのはいつものお宿

 

f:id:nyonya-c:20191228083955j:plain

 

今回は荷物を広げたいので広さ優先してちょっとお高い部屋。

 

写真で見ると綺麗そうだけど

タオルは臭いし、部屋の芳香剤も臭いし

お湯は満足に出ない、という昔ながらのホテルです

が、

この宿が好きな理由はプールーーー

 

 

f:id:nyonya-c:20191228084940j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20191228085004j:plain

 

まぁまぁの広さがあって

形が四角くないのがいい!!

そして、周りにたくさん木が植えてあります。

 

 

f:id:nyonya-c:20191228084215j:plain

 

マンゴ、ヤシなど果物の木も多く

ちょうどスリカヤが生っていました。

 

昼間、観光客は出掛けてるので

貸し切り状態になるのよねー

で、ジョグジャに住んでた頃はよく泳ぎに来たもんです。

 

 

なにしようかなぁ~~~

とりあえず友達に会おう、ってことで

 

 

f:id:nyonya-c:20191228085706j:plain

 

近所の外人向けレストランで

お互いの近況報告。

 

若く、安定した職にも就かず、(今もだけど)

気ままに生きてた時代の友達

お互い白髪の目立つ年齢になってるけど

自分のしたいこと続けていたら

それなりに仕事になってきた。

 

引き立ててくれる人もいて

あんな仕事もあったよ、こんな仕事もしたよ、

今後こんな仕事がある予定、

嬉しい報告、ホント嬉しい、

年はとるもんだね

形って出来て来るもんだね。

時間がかかるけどさ。

 

たくさんのインスピレーション

ピカッ ピカッ と繋がって

これから自分はどこへ行くのか

前を見る刺激になった。

 

 

友達の作っているバティックは

一点もの、手描きの服地としてのオーダー品。

かつてと違い、現在の国内バティック産業は盛況だ。

ベースにインドネシアの国自体の景気が良いこともあるだろう。

昔よりずーーーっと実体経済賑わってるし

人々の表情にも余裕がある。

やっぱりジョコウィのおかげじゃないかしらん。

 

あ、そうそう

かつての日本もそうだったけど

人口が多く、労働世代が多いとそれだけで経済が上向くのだとか。

インドネシアはその人口ボーナス効果がある国だってこともあるけどね。

何かが水面下で活動している恐ろしさは感じるけれど

随分と住みやすい国になったなぁ~~、と思います。

 

 

実はジョグジャには

置きっ放しになっている荷物があって

それを整理して引き払う事が滞在のひとつの目的だったのね。

ごちゃごちゃといろいろ残してたから沢山ゴミに出した。

 

で、荷物整理をする中

かつて自分が何を求めてここにいたのか

振り返る作業にもなった。

整理をしながら

何をあきらめるべきか、

まだ続けそうなことは何か、

なんてことを考えていた。

 

中途半端で放ってたもの

ストックしたまま忘れてたもの

いろいろ出てきましたよーー

 

で、そんな材料でちょっと作りたいな~

と、以前型押しバティックを頼んでいた工房を訪ねれば

ここも健在、景気上向きで生産を続けていました。

 

 

f:id:nyonya-c:20191229072155j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20191229072221j:plain

 

 

何にする予定だったのか忘れたけど

化学染料で紺に染めた布が出て来たので

上から型押ししてもらいました。

普通やらないことだから

「こんなのじゃ柄がちゃんと見えないよ」

って怪訝そうだったけど、いいの、それで。

 

 

また別のバティックしてた古い友人にも会った。

今では他の仕事でなかなかの成功を収めているが

最近またバティックを作り始めたと言う。

蝋描きを近所のお姉さん2人に頼んで毎日やってる、

という事で、

置きっ放し荷物の中にあった白生地とチャンティン持参して

ここに加わらせていただきました。

 

彼は昔から草木染めをやってたんだけど

今はもっと状況が良くなっている。

この家で草木染ワークショップやったりして

染のコミュニティを広げたいなーーなんて語ってた。

 

 

f:id:nyonya-c:20191228092825j:plain

 

その家。

自分で考え、材料を調達して施工した

ユニークなお家です。

 

街中のホテルからバイクに乗って彼の家へ、

滞在の後半はほぼここで蝋描きしてました。

それって、たぶん、10年ぶり!!!!

 

田舎道をバイクで走っていると

とても不思議な気分になる。

随分と時間が過ぎたはずなのに

全然違和感がないのだもの。

これは空港を降りた時から感じてたことだけど。

 

本当にジョグジャに居ることって落ち着く。

自分らしく生きてていいんだ、って感じ、

大げさでなく、ごく自然に。

日本でむちゃくちゃ無理して生きてる訳でもないんだけど

ジョグジャにいるときのリラックス感って、本当に、楽。

 

そしてマグリッブを迎える前には片づけて

バイクに乗って街中の宿に帰り

 

 

f:id:nyonya-c:20191229075739j:plain

 

埃だらけの疲れた身体でどっぷーーーん

夜8時までプールで泳ぐ

ああーー至福のときーーー

 

 

f:id:nyonya-c:20191229075807j:plain

 

部屋から見える

月とプール

目の御馳走

 

 

そんなこんなで

時間があっという間に過ぎていき

今回は他の街に行くこともせず

バティック三昧のジョグジャ滞在となりました。

久しぶりにご飯食べるのめんどくさい程集中した。

 

 

そして

やっぱバティックやりにまたジョグジャに来たいので

道具いろいろと置いてきた。

 

引き払い未完了~  ははははは

 

それで良かったのか???

 

 

 

原始人のように生きてみたい

 

 

只今狩猟期間 

10月までは駆除期間でした。

 

駆除期間中は

一頭しかイノシシ捕れなかった。

畑も庭も耕したかのように

サンザンひっくり返されてたのに。

  

それもこれもみっちり働いて

留守にしていたからだわ、

と、猛反省。

この冬は働かん!

真面目に小屋仕事やるぞ。

 

で、早速捕れた。

と言ってもM氏が仕掛けたものだけど、

罠の見回りは私がしてたもんね。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191202085434j:plain

 

 

どーだ!

なかなか元気良く、そこそこ大きい

たてがみが立派!!

 

しかし、

生憎おでかけ予定を入れていたため

解体作業はフルには参加できず。

 

内臓を取り出して

心臓、肝臓、腎臓をいただくと速攻帰宅し

水に浸けて冷蔵庫に突っ込んで出掛けた。

 

 

 

M氏の解体チームでは

誰も欲しがる人がいないため

いつも内臓や頭や皮は捨てられていた。

 

私も内臓は危険かなー、、、って

ちょっとビビってたんだけど、

 

今回は作ってみました。 

 

 

f:id:nyonya-c:20191202090837j:plain

 

夜中にレバーペースト試作

 

生クリーム用意してなかったので牛乳で代用

やっぱパサパサする。

食べる時になんか混ぜて対応しよう。

 

しかし!

製作途中で味見した

さっと火を通しただけのレバーは美味かったなぁ~

 

頭はもらってこなかったけれど

顔のお肉はおいしいです。

量少なく取るのに時間かかるけど。

鼻と耳を上手に料理したいのだが

まだ毛抜きの行程にお手上げ状態。

  

そして、今回初めてやってみたのが

毛皮のなめし。

 

それは、これまで見たどの個体よりも

たてがみが美しかったから

捨てるのもったいなくって

M氏に毛皮とっておいてください。とお願いした。

 

「ええよ、どの辺までいる?」

と、聞きいれてくれて

鼻の上から始まって、耳も足の先の方も

きれいに皮剥ぎをしておいてくださった。

 

毛皮とか剝製とか飾るのって

悪趣味~~、とか思ってたんだけど

なんだかこの毛並みを残してあげたいって

気持ちが沸き起こっちゃったんだよなー

今回は。

 

 

イノシシを捕り始めたきっかけは

畑が荒らされたことだたけど、

多分 きっと

自然の中で生きていく、っていう事に興味がある。

 

それは

ナチュラリスト

とかゆー素敵なカテゴリーの中ではなく、

もっと濃い生命力のあるもの

どっぷりそこに飛び込んで

中心にあるなにかに触れたい

って感じ。

 

いや、日々全然ふつうに暮らしてるんですけどね。

 

原始人のように生きる

 

というのが理想。

 

わたしの20~30歳代って

そーゆーこと、求めて

さまよってたんだもんなぁ~

 

 

角島

 

 

 

常にふとんがのってる

私の車

車中泊+サイクリングにハマり中

 

 きっかけは11月の半ばのヒラメキ

 

月一で開かれているセミナーへ参加する為

下関へ、 でも、

日帰りじゃつまんないなー

山口県西側の温泉にも寄りたいねー

そうだ、前日に角島行っちゃおうか?!

クロスバイク持ってってサイクリングとかいいんじゃん?!

んで、車中泊なんてしちゃおうか?!

おや、近くに夕日の見える温泉があるらしい!!!

 

と、脳内で盛り上がってしまい、

やってみたら

すっかり味を占めてしまったのでした。

 

 

 

準備として前日に自転車屋さんで

車輪の着脱を教わる。

しかし、実際にやってみると慣れない作業に時間がかかるわ

手順忘れで作業やり直し頻発するわ

あ、後輪抜く前にギア8に入れとくんだった

あ、ブレーキ外しとかなきゃ

脱は出来ても着がわからんっ

 

手間とって

広島出るのが昼過ぎて、

西日をがんがんに受けながら車を駆って

ぱぱぱっと服脱いで

 

露天風呂に滑り込んだのが

サンセット10分前!!

ぎりっぎり

 

 

f:id:nyonya-c:20191130203911j:plain

 

 

そこは夕日で有名なホテルの温泉だから

おばさんのイモ洗い状態

でも、日が沈みきったら

皆さんご飯タイムでいなくなった。

 

ひとりのんびり

色濃くなりゆく空と海を眺める。

 

なんという贅沢

 

 

 

角島は 

ながいながい角島大橋の景観が有名だけど

暗くてその全貌も左右の海もさっぱり見えず

島の中も暗く

どこに何があるのかもさっぱりわからず

対向車もまずいない

 

グーグルマップであらかじめ見当をつけていた

トイレを確保できる場所に到着したら

布団にくるまって寝ちゃう

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191130205217j:plain

 

 起きた

 

クロスバイク組み立てて

 

f:id:nyonya-c:20191201080637j:plain

 

朝日を浴びて 出発

 

 

f:id:nyonya-c:20191130205518j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191130210206j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191130210232j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191130210252j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191130210313j:plain

 

 えへへ

自撮りってしないんだけど

クロスバイクだと入れたくなっちゃう

自己投影セルフ撮影大会

 

 

早朝サイクリング いい!!

 

風が気持ちいい

 

ペダル漕いで

身体使うの気持ちいい

 

脳天スコーーーーン

っと抜ける感じがする

 

 

10時までに下関へ行かなくちゃなので

 

サイクリングできたのは一時間程度

それでもとっても良かった 

 

 

 

 

今計画段階のDIY

輪行袋と寝袋

 

f:id:nyonya-c:20191201082825j:plain

 

こうやって

模造紙に位置を移して

脳内設計図制作中

 

 

そして今後

カセットコンロも車内常備か?!

 

こんなんしたら

日本のどこまででも

行っちゃいそうだなぁ~

 

 

いぶきの木

 

 

島の北岸から

舗装された

走りやすい道路を登って

 

目指す作品はそこに見えている

 

 

f:id:nyonya-c:20191127103815j:plain

 

 

島の道はくねくねかくっと曲がり

どう行けば行きたい方角へ行けるのか?

この細道に入ってっていいのかな?

 

 

f:id:nyonya-c:20191127104250j:plain

 

着いた!!!

 

 

f:id:nyonya-c:20191127104350j:plain

 

 

 

つい先日視聴したyoutube

アーティストがこう言っていた

 

女性の子宮 産道のイメージ

そこからもう一度生まれ出る

新しい自分に生まれ変わる

ここに来て 改めて自分の生き方を

考え直してもらえると嬉しい

 

 

まったくもってタイムリ

今月の私はリセットの予感でムンムンだったし

いぶきの木はいのちの木

私のテーマとがっちり重なってる

計ったかのごときタイミング

 

わたしのどっぷりお母さん期が

もうそろそろ終わる

息子との会話も

大人対大人になりつつある

 

なにしろ なんだか

おあつらえ向き

考え方 自分の都合向き

レッツ オーライ

 

私のつぎの3年期が

どうなるかなんて見えないけれど

今日 この時から

私 生まれ変わります!!

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127104804j:plain

 

来たゼ!!

 

 

f:id:nyonya-c:20191127104854j:plain

 

クロスバイクと一緒に来たゼ!!

 

 

f:id:nyonya-c:20191127104941j:plain

 

だそうです、、

が、

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105036j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105103j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105230j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105303j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105333j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105420j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105452j:plain

 

 

ステキ

ステキ

ステキ

ステキ

 

撮影が止まらない

 

 

f:id:nyonya-c:20191127105656j:plain

 

出部屋は

港を見下ろす場所にある、

ここまでクロスバイクでのぼってきた

自分を讃えます

 

椅子に座って、

水飲み

リンゴ食べ

1時間くらいのんびりさせてもらった。

 

誰もいない

贅沢しちゃったな~~

 

 

島の左半分突端には

波切不動尊 石門 鉄砲石

等があるのだけれど

道が細そうだし舗装されてなさそうだし、、

 

で、まっぷにあるメインロードに従って

ぐるりと一周して真浦港へ戻り

駐輪して、今度は徒歩で島の中部へ

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191128080659j:plain

 

 

また戻って来てます

 

日が暮れるのは早い

 

迷路道をテキトーにうろうろと

あっちこっち楽しんだけれど

ホントに迷った。

 

民俗資料館に着いた頃には

もう帰りの船の時刻が

気になって 気になって

 

 

f:id:nyonya-c:20191128082214j:plain



 

f:id:nyonya-c:20191128082237j:plain

 

展示品をゆっくり見る余裕もなく

取り敢えず写真だけ撮って

 

 

f:id:nyonya-c:20191128082314j:plain

 

 

最終便20分前

 

しかし、小さな島なので

下るのに10分もかからず

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191128082348j:plain




 バイバイ 伊吹島

 

生き直しをありがとう