小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

ワタクシゴト

冷蔵庫のない生活

まだ、しばらくビジネスホテル暮らし。 古いホテルと書いたら 情緒あるホテルの様に感じられたのか 楽しんでね、とコメントいただいたのですが、 中途半端に古いだけで、 不便です。 これがかつてのインドネシアのロスメン級に不便だと カルチャーショックか…

ここの日常がいちばん

帰ったら秋がきていた。 食器を洗う時、水道水が生ぬるい。 それでも昼間は夏の虫が声を限りに鳴いている。 まだまだまだぁーーーー この夏は出ずっぱりの旅がらすで 小屋暮らしなどちーとも出来なかった。 エキサイティングではあったけれど あまりにこれま…

今年の私はきてるんです

そう思っている。 神様にも太鼓判押してもらったし。 出雲大社に行ってきました。 メインの目的は出雲文化伝承館で行われたバティック展ですが あんな遠いところまで見に行ったのは 行った事のない 出雲と言う土地に惹かれたから。 広島からは松江自動車道を…

ナンパされた話し

あれってナンパだったんだ!! というのが、 目覚めて第一に頭に浮かんだこと。 昨日、カフェでお茶しながら インドネシア語の勉強をしていたら 広島に観光に来た、という男性に声をかけられたので しばらくおしゃべりしてました。 すごくがっついた感じにガ…

大晦日と「女のいない男たち」

年末はぐうたらと日々を過ごしていたのだけれど 今日ばかりはお掃除モード。 洗面台、風呂、トイレ、キッチン、水回りはごしごしと綺麗にしてやった。 ふ、とサイドテーブルの上を見れば 母が読み終わった本がある 「女のいない男たち」 村上 春樹著です。 …

12月

岡山に来て6日目。 今回は10日連ちゃんで二つの講習を行います。 そして、これが今年最後の通訳の仕事。 帰ったら、やれクリスマスだ、やれ年末だ、と ばたばたしているうちに正月を迎えるのだろう。 今回、 ちょっと普通では見られないような大型船を 作っ…

オルタナティブ教育について その2

前回の続きです。 ヨーロッパにおけるオルタナティブ教育発生の経緯、 アメリカにおけるフリースクールの発生と機能 日本でのオルタナティブ教育、これまでの試み などの記録に基づいた考察は面白かったのですが、 さて、ではオルタナティブ教育は何を目標と…

オルタナティブ教育について

書いてます。 というか、本当は「インドネシアのNGO紹介」 というくくりの中なんだけど ちょっと深入りしてます。 これ、面白かったので興味のある方は読んでみていただければ と思い、貼ります。 「教育」のオルタナティブとしての「学び」の可能性について…

友来たる

今丁度二人とも無職だから、 と、友人夫婦が神奈川から車で広島方面に向かうと言う。 今月広島に居る?と聞かれたので 居る居る、小屋には泊まれないけど母屋に泊まれるよ と、返信しておいた。 彼女とはバティック作りの関係で知り合ったが 個人的に関わっ…

サソリ座のオンナ

昨日の尾道の記事が スマートニュースに掲載されてる模様。 ものすごくPVが伸びてるんだけど、 来訪者さん皆が興味を持って読んでくれたとは思えず。 きっと、 「尾道ラーメン つたふじ」でひっかかったんだろうな。 ポジティブな言及でなくて悪かったけど …

ぶつくさ言ってます

朝4時 この静けさが好きです。 翻訳を受けたのでやってるんですけど こうやって、横道に逸れまくってます。 作業をキッチンに移動してみて気分転換を図る。 こっちの方が空間広くて 椅子の座り心地が良いことを知る。 パソコン開けてると ついつい他のサイト…

倉敷にて

インドネシア語通訳の友達と会い 仕事の話をしていたら いつの間にか、教育や社会の話しになり とても考えが似ていることを知る。 子供連れだったので ロイヤルホストに長居して おしゃべり。 せっかく倉敷まで来たのだから、と 相変わらず観光客がいっぱい…

たまの贅沢一人飲み

出張長丁場にて たまには贅沢してもいいよね、 と、飲みに出る。 ホテルから近くて感じが良くて 前にも一回行った飲み屋さん、 カウンターに一人でも気楽な店。 「出張ですか?あれ、前にもいらしたこと、ありますよね?」 私はどんな顔ぶらさげてるんでしょ…

ホテルのお隣さん

毎度、出張で泊まる激安ビジネスホテル。 ベッドのスプリングがいいのか、悪いのか? 一週間滞在しても腰が痛くならないのは助かります。 しかし、当然壁は激薄。 昨夜のお隣さん 帰って来たのは夜10時そこそこだったと思うんだけど それからテレビつけっ放…

ぶつぶつと近況など

いつもの仕事でいつもの出張中。 東京帰りから出張までが近く 罠をじっくりと仕掛ける間がなかった。 それでも急ぎ勝負にでてみたが、 扉落ちて獣中におらず。 今月20日で害獣駆除許可が切れる が、しばらくしたら猟期に入る。 これからじっくり、じっくり追…

明日から東京~~ルンルン気分(だってこの表現がピッタリだもの!!)

近頃気分低調にて淡々と日々を過ごしていたら 最後の更新から一週間も経っていた。 その間、仕事で失敗したり、 トマトの木にネットをかけ、実にもネットをかけたのだが 性懲りもなく獣にトマトを食われたり、 夕暮れの狭い道で車で離合できるつもりでいたら…

怖気ずに、それなりに、

お世話になった染め物の先生が展示会を開かれるので 今月末は東京へ行くつもりです。 3年ぶりの東京!!! 高校の同窓生とも会うぞ、 そうだ、あいつに連絡とって一緒に展示会見なきゃ、 と、フェイスブックを開いてメンセンジャー送る。 ふと見れば共通の友…

8月が終わる

寒い。 あんなに暑かったのに 窓開け放しでやっと眠れるくらいだったのに ここ数日、 小屋の夜は外気と同じくらいの気温で 寝袋が欲しくなった。 毎年、8月が終わると寂しくなる。 夏が好きなことが一番の理由だろうけれど 8月は私の知らない過去に思いをは…

一週間ぶりの日常

一週間の出張から戻り ものすごく久しぶりに息子の顔を見た気がする。 「お昼はいつもの中華屋さん行こうかー」 と、声をかければ 「うおおおおおおーーーーーっ」と喜びの雄叫び。 フム、すっかり男っぽくなっちゃったが まだ私の子供であるらしい。 ゲーム…

こんなところで脱いじゃったのね  ※閲覧注意 蛇皮あります※

小屋気分ますます上昇中です。 これは2日前のオハナシ。 ソファの位置を変えようと 棚を動かしたところ、下でくつろいでた羽アリが わらわらわらわら わらわらわらわら こんな時のために アリやムカデ用の忌避剤 (粉)を用意しているので 上から振りかける…

夕立

一雨降って 涼しい風にほっとする 夕立は夏をもっとも感じさせるシーンのひとつ、 懐かしい気持ちにもさせる。 いつ頃を懐かしむのか 子供の頃の記憶 亜熱帯に暮らした頃 大人の恋に憧れた少女時代 先日pooteenさんが 映画:稲村ジェーン についての記事など…

お世話になりますアルカリウォッシュ

今日もまた 電気つけっぱで眠り込み 目が覚めた 夜中3時半 キッチンへ行って目に入ってしまったのが 圧力鍋 軟骨付き豚肉を調理してて 鍋を火にかけたまま忘れ がっつり分厚く焦がしてしまった 昨日一日イライラして仕方なかったのは 一日の始まりが 焦がし…

皿洗いが終わって一呼吸

土曜日は忙しい。 他人が働かない時にこそ存在感を示そうと 訪問介護の仕事を入れてます。 朝ごはん作って、朝一8時半からの仕事に出て 一旦家に戻り、昼ごはんと夜ごはんを作り 晩は遅くなるから、と指令を出し 午後の仕事に出かける。 訪問介護5時に終了…

海辺で一泊

ああ 暑い ああ 暑い でも、夏が好きです。 毎年夏には海辺に泊りに行く。 これで一年分のどこかへ行きたい渇望がリセットされるのです。 春に友達と行った周防大島へ 夏の家族旅行で再び訪れます。 一泊で海釣りをする予定、 さっき、宿予約した。 瀬戸内は…

婚活パーティー行ってきた

実はねー昨日ー僕、モテちゃってね、 イッセー尾形 一人芝居 "バーテン・もてた話" この人、面白いですよねーーー ものすごい人間観察力。 「バーテンダー」もこてっこてでたまらん。 「もてた話し」は5:55から。 祝、婚活パーティー初参加! イヤァ~、…

もう一人の私の死

インドネシア在住の友人が訃報を知らせてきた。 おちゃらけたフェイスブックの記事のコメント欄に 「もう誰かから聞いた?」 だと。 亡くなった友人からの最後のメールが4月末。 「鼻水がひどくてティッシュ一箱開けた 咳が止まらず絶不調、 でも、そろそろ…

まずはまともな大人になるべし

車両系建設機械 解体用 技能講習を聞いてきた。 油圧ショベルが目の前で動いているのを見るのは初めてで、 操縦することを意識したり、 動力がどう伝わっていくのか 気を付けて見たのも初めてで、 その動く姿は恐竜のように見えたりして、 とても面白かった…

修行者気分してました

いつもの仕事でいつものように 途中ひやひやしながらも 皆なんとか修了証を手にして それぞれの仕事場に帰って行った。 私もまたいつものように もっと的確なインドネシア語の文が 自動的に口から出ないものかと うんざりしながらもやっつけた。 いつもと違…

福岡の男性がかわいかった件

雨の大濠公園をぶらぶらしてきました。 言の葉の庭、とかありそーな雰囲気。 お買い物をしに福岡まで行ってきました。 ネットで探して、良さそうな品だったのでお店に電話したら 対応の感じが非常に良かったのです。 営業臭いもってまわった言い回しをしない…

災害と日常

雨が降っている。 屋根の壊れた家が雨に降られる様は 情けなく いたたまれない。 心地よい暮らしのために集められた モノモノが 雨にさらされる。 電気で動く便利なモノが 水に濡れる。 雨をたっぷり含んだ土砂は 爆弾のように恐ろしい。 家というのは特別な…