小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

死んじゃった

f:id:nyonya-c:20141205075949j:plain

中学時代、好きな俳優は菅原文太でした。

NHK大河ドラマ獅子の時代」を観て。

 

すっかりどんな話か忘れてしまっていて

今日調べたら会津藩の下級武士の役だったんだね。

秩父事件、農民の蜂起のあたり記憶に残ってる。

その後学校の授業で自由民権運動をならった。

足尾銅山鉱毒事件の田中正造の直訴も。

 

泥臭くて男臭くて力強くて、志があって、

なんてぴったりの役。

晩年の文太さんに重なる。

再放送してくれないかな。

してください。

 

死んじゃったのは残念で、

生きていればもっとたくさんの仕事をなしてくれたに違いない。

でも、文太さんが死ななければ

私は沖縄での演説も

彼が有機農業をやっていたことも

いのちの党を結成したことも

知らなかった。

死んだことで彼の仕事が拡散された面はあるだろう。

ずっと広く種まきをした。

 

沖縄県知事選の応援演説の動画を

多くの人が閲覧し

あの心に響く語りにハッとしただろう。

わかりやすく伝わる言葉。

あの声。

多くの人がその意志に共鳴しただろう。

 

 


菅原文太氏のスペシャルゲストあいさつ

 

 

 

私の畑。

始めたばかりの小さな、自分のための畑。

そんな営みが大切なんだって後押しされた。

農は商でも工でもないんだ。

やることなんでもお金に換算できなきゃ意味ないなんて

可笑しなハナシだったんだ。

 

1Q84を読んで以来、見えていなかった世界を知るため、

ネットで情報を乱読する日々がずっと続いている。

現実の方も駆け足で変化している。

地球の動きも加速している。