読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

断食しよっか、すまいかなぁ

 

今月の18日よりイスラム教では断食月に入ります。

例によって新月が確認されなければ

19日になるかも、とか言ってますけど

なにしろ、断食が始まります。

 

これまで私は2度程断食を行ったことがあります。

生理中は断食してはいけないので

一週間程短くなってるけど、

まぁ、ほぼ毎日断食についていっておりました。

 

夕暮れのアザーンマグリブとともに断食の解禁。

日の出のアザーンスブとともに断食の始まり。

その間、夜中には

「サーーーウーーーール  サーーーーウーーーーーール」

と、モスクからご飯食べなよ、の放送がある。

 

まー、例によって私流テキトー断食ですので

宗教的にどうか、っていうと怪しいものだけど

(お祈りしないし)

何しろ、断食って気持ちの良いものです。

 

断食が明けて、IDUL FITRIを迎える気持ちの晴れやかさ

と言ったら、とってもすがすがしいのです。

 

私が思うところの断食は

その前段階も重要で、異教徒だからなのでしょうが

今年は断食しようか、すまいか、それだけの精神的準備ができそうか

自分の状態を顧みます。

 

で、できそうだな、と思ったら、やる。

 

断食は日の高いうちは食べない、というだけでなく

欲や感情を断つ、という方が重要だと思っています。

 

生活リズムの崩れでいらいらしたり

食べずにいることを自慢したり

夜に食べ過ぎたり

夜起きているからって、昼間寝てばかりいたり、

と、そんなんじゃ、断食の意味ナシでしょう。

 

 

現在、インドネシア人と多くかかわっているため

今年は断食したい気分、盛り上がり中ではあります。

 

全く食べない、ということはしないつもりだけど、

食べ過ぎない、本当に少ししか食べないこと、

感情の断食は行おうと思っています。

お酒も断ちます。

 

毎年、断食したい気分はあるのですが

最後まで続けられず

中途半端に終わることが多いですね。

 

今年も断食したい気持ちがうずうずとしています。