読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

バージョンアップします

 

めずらしく勉強してます。

 

この研修通訳も早一か月が過ぎ、

残り一か月となりました。

 

この残りをあますことなく自分の成長に役立ててやる!!

と、久々に燃えています。

 

っていうのは、

私の通訳は全然美しいインドネシア語ではない、

ってーのはハナっからわかってることなんです。

 

上手に見せようとうだうだするよりも、とにかく訳す。

話し手の内容重視で、言わんとすることを伝えることが第一。

 

当初私の話し方で、下手だ、って思ってたらしき研修参加者も

今では慣れてきてくれている様子。

何よりその表情から内容が伝わり納得していることがわかる。

だからこそ質問もでるんだし

こっち向いてくる。

 

でもね、

もう一人の通訳と、研修制度で日本で働いたことのある2人は

私の訳した言葉を直したがるんですよ。

まー、いいけどさ、

 

でも、それ、内容間違えてる訳じゃないんじゃん?

同じことの繰り返しなんだけど?

そりゃ、アンタ達インドネシア語上手いでしょうけど。

 

私も似たようなことしますが

彼らが日本語を理解し間違えていて

全然違う事言っているからで、

些細なことなら黙ってますよ。

 

 

怒ったよ。

 

私バージョンアップしちゃうからね。

 

もともと、私がインドネシア語を頑張ったのも

インドネシア語ぺらぺらの娘がいて、そいつが鼻持ちならなかったから。

怒りのパワーを使うのって正しくないとは思うけど、

かなーーーーーり効果的であるのも確か。

 

 

チクショーーーーーーッ!!

私を怒らせたねーーー!

ただで済むと思うなよ!!!!

 

 

勉強に戻ります。