小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

箪笥の下の騒がしい音

 

f:id:nyonya-c:20150411163517j:plain

 

 

じゃーーーーーーーん

 

これが4月11日の小屋の状態です。

ひどいことになってます。

 

現在、、、さらにひどいことになってます。

 

天井板はさらにはがされ

かつ、未だ中途半端に残され、

どこがどうつながってんだか

電気コードがたくさんむき出し、

床には農具や冬タイヤ

「断熱材に使えるかも」と集めている

発砲スチロールやら木端やらベニヤの切れ端やら

どっちゃり。

 

人によってはゴミ屋敷かも。

 

でも、私にとっては

いつか何かの役にたってくれそうな

大切な物。

 

ゴミ屋敷の住人の意識もこのようなもので

ありましょうな、、、。

 

 

しかし、ここに住んでお仕事して

冬には薪ストーブにあたって

優雅に暮らす予定ですので、

断然頑張って片付け!!掃除!!!

 

今日の午後から、

ボチボチ始めました。

 

 

捨てられない文具、工具、ネジ、電気関係、水道関係などなど

床に全部出して、

捨てる物と取っておくものに分類。

工具入れの木の箱をどけると、

下に怪しいおがくず状のものが、、、

 

すぐそばには木の箪笥、、、

床との接地面あたりが

怪しいね、、、、

 

 

箪笥には高いバティックを保管しているので

それだけは、お願い!!

という気持ちで

一番下の引き出しを

引いてみる、、、、、

 

ザワザワザワザワザワザワザワザワ

 

やっぱ、いる

 

 

ウチ、虫多いんですよねー

 

多分大きな黒い蟻だと思います。

白くて大きい卵もたくさんあるんだと思います。

 

こいつはシロアリを食べるらしく

こいつがいる家にはシロアリがいる

ということらしい。

 

ここには黒蟻ちゃんのエサ、いっぱいあるもんねーー

 

 

nyonya-c.hatenablog.com

 

とりあえず、

バティックは引っ張り出して

被害のないこと確認し、

引き出しを元に戻しておきました。

 

さて、どうしよう。

 

不用意に箪笥を持ち上げると

この夏の陽気で元気いっぱいの蟻たちが

ワラワラワラワラ

出てきちゃって

収集つかなくなるでしょう。

 

さて、

どうしましょうねぇ~~