読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

ジェノベーゼで一杯

 

バジルがふさふさ生りました。

なんか、葉が大きくて肉厚でぬるっとしてて

すごい元気です。

去年とも違う。

 

そういえば

去年はホームセンターで苗を買ったけど

今年は種から育てたのだった。

 

というわけで

今日はジェノベーゼ作りの日。

 

検索してみるといろいろだけど

バジルの葉は洗わないで

一枚一枚拭く!! と、

 

そんな人いるんですか?

 

洗ったぐらいで香りが飛ぶような

やわな葉ではないので

じゃぶじゃぶ洗い

てぬぐいに広げてざっと拭いて

乾いた状態で300グラム強ありました。

 

でかボールにいっぱいいっぱい

 

これを松の実とにんにくと

オリーブオイル、塩を加えてミキサーにかけていく。

 

この、ミキサー作業が大変なんですよねーーー

ホンット

 

ミキサーっていうかミル使うのですが

葉を入れる量、オイルの量

葉と松の実の固さの違い

そんな加減で回り方が違ってくる

 

また、私はオイルたっぷりが好きではなく、

しっかりしたペースト状が好きなので

なるべくオイル入れずに回す、

これ、難しいんですよーーー

 

ちょっとまわしては止めて

ふる、かきまぜる

また回す

を繰り返し繰り返し

 

ミルを開けたり閉めたりするから

手はぬるぬる

あちこちべとべと

 

そして、バジルとにんにくの匂いがたまらない!!!

なんだか、もう、イタリアンレストランで

待ちぼうけくらってるような、

早くなんとかしてちょうだい、って気分。

 

この匂いだけで昼からビールを一杯。

あ、味見しながらだから

ジェノベーゼをつまみに一杯か。

 

おいしゅうございました。

 

写真?ないです

手ぬるぬる、ミキサー作業でいっぱいいっぱい

余裕ナシ。

 

 

 

でもね、

私はミキサー使いならずいぶんとやりましたから。

結構このペースト、いけてるんじゃないかと思ってます。

 

介護施設でね。

ミキサー必須ですから。

 

食事当番になると

時間内に大人数分あれこれ作るのも大変だけど、

最後に待っているのが

皆さんの咀嚼力に合わせた形態にする作業。

 

一口大から刻みの荒、細から、ミキサー食まで。

 

ミキサー食の人って2~3人だったから

それぞれのおかずはほんっと少量。

その少量をなるべく水分少なくペースト状にすることが大切です。

 

飲みこみやすいようにトロミ剤も加えるので

しっかりしたペースト状だと

まだなんとか食事らしいモノに仕上がる。

 

これが、びしゃびしゃに出来たものに

トロミ剤加え、なんてなったら

ほんと、どろんどろんの

何食べてるかわかんないようなモノになって

量も増えるし、

もーーーーー、悲惨です。

 

これをね、上手にミキサーできると

よっしゃぁぁっっっ、て手がグーですよ。

 

 

 

出来上がったジェノベーゼ

おあつらえ向きの明太子の入れ物を

たくさんストックしてあるので、

これに入れて

4つ分になりました。

 

酸化を防ぐため、上にオリーブオイルで蓋をする

がお決まりですが、無視。

 

大丈夫。多分。

で、冷凍保存。

 

 

今年はあと2回はできるんじゃないかなー

 

これで、一年中ジェノベーゼを楽しめます。