読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

8月17日 インドネシア独立記念日

 

8月17日はインドネシア独立記念日でした。

 

日本の敗戦から2日後。

独立を宣言した日です。

 

当時は日本に占領されていましたから

日本の支配からの解放、ということで

独立の運びとなり、

与えられた独立、棚ボタ式の独立、なんて言われたりもしますが、

実際はオランダが日本占領以前のインドネシアに押し戻そうと

連合軍と共に乗り込んできたため

ここから、本当の独立闘争を戦っています。

 

だから本当の独立記念日は連合軍にゲリラ戦で勝ち

彼らを追い返した日かもしれません。

 

連合軍はすでに第二次世界大戦を戦い

生き残ってきたツワモノばかりだから

面と向かって銃を撃ってもひるむことがなかった

そうそう当たるものではない、と経験しているから。

 

西洋人は目の色が薄いので

暗い所ではよく見えないけれど

インドネシア人の目の色は黒いので

夜のゲリラ戦に強かった。

 

いろんな話を年寄から聞くことができます。

本当についこの前独立したかのよう。

 

バンドゥンにオランダ軍が進駐しないよう

自ら街に火を放ち阻止した。

このことを歌った「ハローハロー バンドゥン」は

愛国の歌として今でもよく歌われます。

 

そうそう、国旗掲揚には

ちゃらんぽらんな人間も

アンチ政府な活動家も

皆、当たり前に敬礼をして国歌斉唱します。

 

国は政府の持ちものではありません。

 

戦って手に入れた大切な私たちの国だから

誰も人ごとに思わないし

無関心ではないし

未だに挨拶がわりに

「merdeka!!」ムルデカ、独立、という人もいるくらい。

 

 

今、日本では政治に対する意識が高まり

若い人たちも反戦活動をしていて、

と、ネットでは見かけたり、ツイートが流れてくるけど

私の日常とはかすりもしない。

 

そこへ出向くべきなのか?

と、悩んだりもするけれど

熱狂に参加することがイコール表現ではないのだから

自分の方法でかかわって行こう。

 

 

インドネシア

独立おめでとう!!!