小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

ヘンプの靴下気持ちヨシ

 

このところパソコンに向かう日々

朝なんか寒いくらいで

足が冷える。

 

そろそろ靴下の季節だなぁ~

裸足が好きだけどね~

 

 

f:id:nyonya-c:20150905212333j:plain

 

 

これはふんどしパンツを作っている友達が

扱っている靴下。

奈良の工場が作っているのだとか

ヘンプです。

 

確か1000円以上したと思う。

 

普段は100円くらいの、ポリエステル混の

ちょっとぬるっとした質感のをはいている。

安かろう悪かろう

我慢できる範囲のもので済ませる。

 

でも、これは別格。

たまにはちゃんと作られた心地良いものを身につけたい。

室内用だから

おウチでゆったりするため用。

 

さらっとしていて

履いていることが気にならないんだよ。

もちろん足も寒くないけど熱くもならない。

あ、蒸れないって表現あったね。

 

インドネシアは熱帯の国だけれど

乾季の朝や雨季で何日も雨続きの日には

とても冷えます。

 

特に床がタイル張りのところが多いから

足が冷える。

 

なので、

友達のお土産にこの靴下を買って行った。

 

彼女は若い頃は東京でデザイナーしてた

とてもお洒落なお姉さんなんだけど、

311以降は使えれば良い、というスタンスで

モノにこだわらず

物を増やさずに

ジョグジャの田舎で生きている。

 

だけど、

久しぶりに品質の良いものに触れて

ちょっと考え直した、って

メールをくれた。

 

だよねー

 

安くないと買えないけど、

安物ばかりだとこころかさっかさになってしまう。

なんでも自分で作るのが好きだけど、

出来ること、出来ないこと、あるもんだ。

 

素敵な他人の仕事に触れると

ケアされてるって

心地よさ感じる。