小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

友達でけた

 

戦争法イケンの会にて

意見を述べられた方に共感したので

会の終了後お声をかけさせていただいた。

 

なぜかパンクの話になり、

お茶しましょうと外に出て喫茶店へ。

 

しばらく話してたら

彼女の口からでてくるのが

ヒロトマーシーストーンズやジョップリン

あと、えーっとなんだっけ、

映画監督とか舞台芸術とか

奥田愛基さんのお父さんまで!

とにかく尖がってる人の名前ばかり。

 

彼女自身はかつて

現場教育を主体とする塾を開いていたのだそう、

その具体的内容は今日のところあまり話せてませんが。

なにしろ話す事が多すぎて。

 

今日のところ話したのは

自分がどんなアートに共感してきたのか、

といったところ。

アートな話って乾いた精神をうるおしてくれる。

 

このおばさま御年66歳!!

身なり上品

生き方パンク!!

 

昨日偶然Mr.バチコーンさんの過去ログで

素敵なタモさんの言葉を読んだばかり。

 

 

ジャズもお囃子も規格化はできない - 間違ってもいいから思いっきり(和太鼓に狂った数学教師の週末ブロガー活動)

ジャズな人間がいるだけ!!!

2015/10/12 21:49

 

ジャズという音楽はない

ジャズな人がいるだけ

 

ホンットそーだよなーーーー

 

ジャズじゃない人がいくらジャズを勉強したって

すればするほどそれから遠のいていく

ジャズな生き方がジャズを生む。

 

ここではジャズという言葉を使っているけれど

いきいきとした表現の、というくらいの意味。

 

 

広島暮らし2年目

働くばかりの無限ループな生活を辞めたら

面白い人に出会い始めた

 

ここに面白い映画館があるよ

とか

アングラ(古語?)人の集まるカフェがあるよ

とか

教えてもらった。

 

いきいきとした交流がここからひろがりそうな予感。

楽しみ~~~