読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

横川シネマで観てきた

映画とか動画とか おでかけ

 

 

 

 

 

さっき長々と感想を綴ったのだが

ちょっとした間違いで

消えてしまった。

 

絞られるような気持ちも

消えてしまった。

 

 

沖縄の立ち位置

本土と米軍基地との関係について知ったきっかけは

大城 立裕の小説「カクテルパーティー」。

 

20歳くらいかな、

自分も女性の体を持っていることを嫌悪した。

 

それから、比較的最近読んだ

この本。

 

f:id:nyonya-c:20151030174658j:plain

 

 

今回観たこの映画の中でも

もちろん沖縄の不当な位置づけについて

描かれている。

 

しかし、そのなかで

私にとって新しかったのは

なぜ、あんなにも沖縄で米兵が暴行事件を繰り返すのか?

その背景をインタビューから

彼らの口ぶり、表情を通して

わかったように思えたこと。

 

18~20歳代の "がきんちょ" が

ナニサマ状態になってしまう地、沖縄。

 

権力を笠に着て

金も酒も女もたっぷり

オレサマが暴走する。

 

 

 

 

さっき、いろいろ書いたのだが

今、まったく、筆がのりません、

是非映画をご覧あれ。

 

 

 

瞼の重いまま

久しぶりに図書館ぶらぶら。

 

変な本見つけた。

 

 

f:id:nyonya-c:20151030111333j:plain

 

あまり目を向けたことのない界隈

性の衝動とか

社会でのパンパンのとらえられかたとか

なんかそんなことも書いてある。

 

暴行事件つながりで出会った本。

うへーーーー

 

 

 

しかし、横川シネマ

予告の映画がどれも良くて

あれもそれも

絶対観に行く!!!

 

あ~~~あ~~~

また20歳代の頃のように

芸術貧乏になりそうな予感~~