小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

野生の肉届く

 

健康診断に行く。

日本では必ず、契約社員でもこんなのしなくちゃなんないの?

 

インフルエンザの注射は拒否っておいた。

 

大きな問題ナシ、でしたが

目は悪くなってるし

血圧低いし

またちょい被ばくしたし

後日、心臓の結果も悪いのが届くんだろう。

 

知ってどうする?

と、思っちゃう。

 

肉体的に老いてはいってるけど

若い頃より、トータルとしての体調は良い気がする。

いろいろとクリアー。

 

 

 

検診から帰ったら会社からの郵便物

マイナンバーをご報告ください。だって。

 それも、〇〇会社様から依頼を受け

なんちゃら情報システムが発送しております、だとか、

気味悪い。

 

 

 良いものも届いていた。

先日捕られたイノシシの肉!!!

 

アシと書かれた塊肉がゴロン

小さい方は脂身を堪能しなよ、ってことだろう。

 

 

f:id:nyonya-c:20151201010923j:plain

 

こいつがこの山を登ったり降りたり

私の知らないところ、行かないところで

自分で食べ物を探して

生きてたんだよなァーーー

憧れちゃうなーーーー

 

野生動物ですよ。

 

なんか恐れ多いけれども

肉は肉

しっかりいただきますよ。

 

半生解凍で5ミリ弱にスライスして

バーベキュー

塩×黒コショウ、って感じかな?

 

 

罠の持ち主は

新たに3か所くくり罠を設置していったらしい。

今度こそは、罠のかけ方

獲物の止め刺しから解体

くっついて良く見とかなきゃ。

 

 

 

検診の帰りに

広島県観光連盟、という社団法人に飛び込んでみる。

 

検診だけのつもりで出てたから

クロスバイク乗ってったので、非常にカジュアル

ノーメイク、カバンたすき掛けの出で立ちだったが

ちゃんと対応してくださり、

早速、受け入れ候補のトラベルをピックアップしていただく。

 

ありがとうございます!!!

 

 

私ももっと人間界で野生な人間になろう!!

と思う、今日。

 

なるべく働かず、というのは雇われ仕事に依存せず

という意味で、

ジブンの仕事はジブンでつくろう、ってことです。

 

それから、外世界でのお金もらう仕事ばかりに気を取られるのではなく

畑や小屋や、風呂、トイレ

食も住も自分にあわせて暮らしていこう

なんつー、壮大な野望があるんです。

 

いや、お恥ずかしい

 

このハナシしだすと長くなりそうだし

頭まとまってないから

また、今度。