小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

あれもこれも試したい

 

薪ストーブ庫内料理にはまってます。

 

午前中焼いたのはリングパン。

 

f:id:nyonya-c:20151217202502j:plain

 

シフォンケーキ型使ったら大きすぎだったけど

火山の連なりみたいで、

これはこれでかわいいじゃん。

 

成型後の発酵を待ってあげなかったから

ふくらみが足りない、けど、とにかく焼けた。

 

 

f:id:nyonya-c:20151217124038j:plain

 

中には

リンゴとチーズとハムが入ってます。

 

この組み合わせは

懐かしい中学校の思い出。

 

お父さんが商社勤めらしい女の子友達がいて、

一般の子供とは持っているもの、食べているものが違ってた。

時折外国の匂いを感じた。

 

夏に彼女とプールへ遊びに行くと

お弁当にホットサンドを持って来る。

その中身がチーズ、ハムにリンゴ。

 

「それちょうだい」

お弁当交換したのか、

もしかしたら、物珍しさに奪ったのかも?

 

チーズ&ハムまでは普通だけど

そこにフルーツをかませるだなんて

その頃の私には

衝撃的、未知との遭遇で、

新たな味覚世界が開かれて

以来、この組み合わせが大好きになってしまった。

 

プールに行く時は、必ず彼女にこのサンドをリクエストして

私の分も作ってもらってた。

 

からかうとおさげを揺らして笑う

結構かわいい子だったよなぁ~~~

 

 

 

 こだわりの素材じゃなくって

スーパーにあるチェダー風味のプロセスチーズと

脂身の少ない安物のショルダーベーコンでOK。

リンゴは自分家で煮たもの。

 

 

 

昼過ぎには棒パン。

 

f:id:nyonya-c:20151217201709j:plain

 

すでに定番化しています。

 

パルメザンの袋入りで安いもの見つけた!

テキトーかつ一応グラム量って入れてみたけど、もっとチーズ味欲しい。

配合を変えて、また焼きます。

 

これは、かなり弱くなった火で

じっくり、上下を返して、またじっくり

カリカリに焼く。

 

とにかく人気で、作ればすぐなくなる。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20151217203304j:plain

 

手羽先焼き。

味付けは塩コショウのみ、布に巻いて3日おいたのかな。

全体によく焼けてくれる、

特に皮がぱりぱりして美味い!!

 

 

f:id:nyonya-c:20151217204533j:plain

 

これは昨日焼いたもの。

 

レーズンとナッツの入ったケーキ。

いつもと違う作り方してみたが、

面倒な上に肌理が細かくなってしまった。

ざっくり、どっしりの方が好みだ。

 

 

 

9~10月は、テンペの試作にはまっていたが、

現在は、ストーブの庫内で焼き物することに没頭している。

 

カンパーニュ、マドレーヌ、コーンマフィン、ピザ

パエーリャ、羊挽肉に香辛料入れてケフタ

いろんなもの作ってみたい。

 

燠の量、炎の出具合

戸を開けた時に顔で感じる熱さ、

料理にあった庫内の状態、

そんなことを身体でわかるようになるまで

 

焼き物三昧

ひきこもっております。