読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

ガス溶接技能講習やりました

 

ふぇ~~~~っ、終わった終わった

ガス溶接技能講習、事故もなく無事終了。

全員資格証を手にしてめでたしめでたし。

 

この講習を通訳するのは私にとって初めてであり

ガス溶接はアーク溶接と違って

炎や火花がダイレクトなので

結構興奮いたしました。

 

学科の時にはしつこいくらいに丁寧な先生も

実技になると言葉で説明することがもどかしいらしく

「こうじゃない、こう、こう、はい、じーー、じーー、頑張って」と、、、

 

もー、それ、説明になってませんから。

 

なので、どーゆう事?こーゆう意味?

炎の状態説明してあげて下さい、と私しゃしゃり出る。

 

溶断よりも溶接の方が余程難しいらしい。

皆、苦労している。

 

「まずは板の方をするんだよ、

それから溶けた刺し入れるようにして溶かし込みながら」

と説明すれば、

20歳そこそこの男の子たちはきゃっきゃきゃっきゃいう。

 

「刺してー、刺してー」とウルサイ。

 

「当ったり前じゃん、アッチを先にしてやらないと、

ばっか熱してぽたぽた落としてるようじゃ

上手く一つになれないよ!!」

 

きゃぁーーーきゃぁーーー

 

本当、わかってんのかね?!

 

まぁ、言うは易し行うは難しでしょうけれども。

 

現場に帰ったら、もっと説明抜きに怒られると思うから

今のうちに言葉での理解をしておいて頂戴、

と、おばちゃんは心の中でやきもきしてんのよ。

 

 

 

4月に入ったというのに狙ったように冷たい雨が降り

今日の実技場もカイロ貼って行ったにも関わらず

底冷えがひどい。

 

ホテルに戻り熱い風呂に浸れば

血管の流れが突然よくなりじんじんくらくらする。

が、腹の中はまだ寒いので

取り敢えず雑炊ちょい作って食べる。

 

検索したらこの近くに美味いラーメン屋があるそうじゃないですか。

 

じゃ、いってきまーーーーす