読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

島唐辛子の実る夢 山の植物

畑づくり

 

今、一番楽しい事、それは開墾。

 

おととし、

つた類、シダ類、笹に覆われてしまっていた場所を開いたから

今年もまだ彼らの勢いは弱い。

その草や笹を刈って、鍬を入れる。

 

ここはイノシシが自分の領域だと思ってる場所だけど

それ違うからね、

という事を徐々に認識していただきます。

 

 

f:id:nyonya-c:20160506140604j:plain

 

根っこてんこもり。

 

 

笹の根はすぐ切れるので

ざくざくと鍬を入れるのが快感です。

が、つた類の根は弾力があり、鍬を跳ね返す。

土をどけて、根を見つけ

しっかり狙い定めて鍬を振り下ろせば

ざくりと切れる。

 

鍬もそろそろ研いでやろう。

 

ここには島唐辛子を植えるのです。

 

こうやって土を起こすと

必ず猪やら狸やらが遊びに来る。

わかるわかる

この真新しい土の匂い

ふかふかの踏み心地。

 

昨夜もどなたかいらっしゃったご様子。

 

f:id:nyonya-c:20160506140842j:plain

 

だから、また掘り返されるだろうけど

植え直すまでのこと。

 

唐辛子が実れば、

彼らには全く面白みのない土地になるはず。

ちょっとかじってみてビックリするかも。

イヒヒーーー

 

私の想像の中では

唐辛子が赤々と実り

イノシシから奪い返した私のなわばりが

晴れ晴れと日の光を受け

風に吹かれている。

 

 

 

この辺りのしだ的植物

表情の面白いこと。

 

 

f:id:nyonya-c:20160506141650j:plain

 

ひっかくぞ~~~

 

 

f:id:nyonya-c:20160506141723j:plain

 

イヤ~やめて~~

 

 

f:id:nyonya-c:20160506141756j:plain

 

わーわー

見ないふり

 

 

 

木にはこんな可憐な花が。

 

f:id:nyonya-c:20160506141923j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160506141940j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160506141957j:plain

 

 

この、どれも、名前がわからない。

すごく知りたいということもないけど

ちょっと情けない気もする。

 

野の花図鑑、買おうかな。

図鑑をめくるのは楽しい。