読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

周防大島というところ

おでかけ

 

東京からの友人を連れ、周防大島へ行った。

 

瀬戸内の風景が好きなのだとか。

波静かで人少なく、どこを向いても島影が見えるところが。

 

広島から島までは約1時間半。

雨の予報だったけれど

ぎりぎり晴れてる、大丈夫。

 

シーズン前の平日はいたって静か。

道の駅は定休日。

ホント、あまり人に会わないねー

 

向かいにある定食屋さん

お食事処 慶でメバル定食をいただく。

 

 

f:id:nyonya-c:20160608203125j:plain

 

 

メバルが口パクしているお刺身と、

煮物とから揚げ、茶わん蒸しにご飯とみそ汁、漬物

メバルがとても新鮮でおいしい!!

 

お刺身は新鮮でないと美味くないのは当たり前だが

煮物も魚が新鮮でなくては不味いもの。

ここの煮魚は身がつるっと、ふわっと、しておりました。

満足、満足。

 

 

f:id:nyonya-c:20160608203828j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160608203851j:plain

 

 

食後、島の南側に車を走らせ

ホテル、サンシャイン サザンセトにてお茶を飲む。

 

ここからは南側の海岸沿い道路をぐるりと回って帰路。

 

沖家室島という小さな島への橋を渡って

蛭子神社へ参る。

 

 

f:id:nyonya-c:20160608205500j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160608205526j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160608205714j:plain

 

あーー、のんびりしたいい風景じゃのぉーーー

 

 

 

狭く、アップダウンのあるくねくね道は

シーズンオフであるからか

数えるほどしか対向車にも会わず。

山の草木がうっそうと、生き生きと茂るなか、

左手に美しい海をちらちら眺めつつ走る。

 

友人は

このごつごつとした岩だらけの海岸線を見て

「イタリアみたい」と言う。

 

周防大島としてはハワイのつもりらしいけどね。

 

この、島南海岸線沿いのドライブが一番よかった。

人を誘おうというわざとらしさが

何もないのがよかった。

 

観光用の整備された家並みではなく

今も人が住みながら、古びグレーに変色していった

焼杉や土壁の家々。

 

 

海の水も澄んでおり、

快晴であったらさぞ美しかったことでしょう。

 

でも、曇りは曇りで

人影をあまりみかけないのも

また、良し、でした。