読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

かさこさんのセルフマガジン講座に参加して

 

良かったです!!!

すんごく!!!すんごっく!!!!

 

一日も欠かさず、とはぜんぜん言えませんが

これまで結構かさこさんのブログを参考にさせていただき、

言わんとすることは理解してきたつもりでした。

 

しかーーーし、読むのと聞くのでは全く違ぁ----う!!

ましてや、かなり細かく解説してくださるのだもの。

 

直に会う、ということって伝わるものの質と量が違うし

なんと言っても、サラリーマンとして編集を仕事にしていた方ですから

話しは具体的、目に見えて理解しやすく、

かつ丁寧に話してくださるので、非常にわかり易かったのです。

 

 

もうね、聞いてるそばから

どんなマガジンにしようか、何書き込もうか

頭の中に火花がぱちぱち飛んで

何かの汁がしゅーしゅー吹き上げてくる感じだったわーー。

 

落ち着いて考えてみれば

私は誰として何が出来るのか、

アピールすべきことが定まっていないのでした、あはは。

 

一番重要なことがあやふやではどーにも進路の取りようがないのですが。

とにかく何か、作ります。

 

 

 

講義が終わってから

参加者の方々と名刺交換させていただいたのですが

名刺中の「インドネシア料理」って言う文字に

女性は即、反応してくれる。

 

料理って、まず女性の興味を惹くコトだよねって、

友人が言ってたのだけど、なんか実感した。

 

私の名刺は自己アピールが足らず

何をしている人かわからない類のものなのですが、

皆さん、流石、こーゆう講義に来られるだけあって

裏にもたくさん情報が書き込まれた名刺をお持ちでした。

 

こーゆう名刺のコレクションができたのも良かった点。

 

 

 

セルフマガジンを作るぞ、と考えることで

自分の売れる仕事の棚卸ができる、というのは大きな利点です。

 

今の所、私の倉庫には売れそうなものが並んでない様子ですけど

ホコリはたいて磨いて、

ちょっくら外に出して並べてみます。

 

 

 

通訳の方は、まぁまぁ動いている、

しかし、セルフマガジンを作るには

通訳としてだけではなく、何かコンサルタント的なことまでできる

そんなアピールが出来るだけの経験が欲しいかな。

 

というのは、隣に座った参加者がコンサルしてる方だったので

おしゃべりの中からいただいた視点。

 

 

 

という訳で、最初は、

食に関する仕事についてのセルフマガジンにしよう、と考えています。

まずは11月に参加するイベントに向けて

そこで手渡しできる8ページの小冊子をパワポで作るつもりです。

 

実家のパソコンにパワポ入ってるのは確認した。

さて、これってどうやって使うん???

 

 

 

かさこさん、

ウワサ通り、ブログのノリとは全く違い、

落ち着いて、丁寧で、安心のできる空気をお持ちの方でした。

 

講義のパワーポイントの内容は

PDFで送ってくださるそうですし、

なんと、参加者特典として初校のチェックをして下さるのだと!!

 

これで参加費4000円は安い!!

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160707234049j:plain

 

 

どうもありがとうございました。