小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

海辺で一泊

 

ああ 暑い ああ 暑い

でも、夏が好きです。

毎年夏には海辺に泊りに行く。

これで一年分のどこかへ行きたい渇望がリセットされるのです。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160608205500j:plain

 

 

春に友達と行った周防大島

夏の家族旅行で再び訪れます。

一泊で海釣りをする予定、

さっき、宿予約した。

 

瀬戸内は海水があまりきれいでないけれど

ここまで西にずれると大分良いです。

 

海がきれいであることは重要であるけれど

それ以上に人が少ない、ということが必須条件です。

 

どんなにキレイな海だって

人がわんさかいたら海との間にバリアができてしまう。

 

人って電波みたいなものを発してますよねぇ?

その電波って雑音が多くて

大人数になるとお互いぶつかり合って

増幅して、わうんわうん頭を支配してくる。

 

 多少透明度に難ありの海だとしても人が少ない方がいい。

もちろん、人のいない綺麗な海ならなお良し。

(ああ、沖縄の離島の浜辺に一人すっぽんぽんで泳げる贅沢に憧れる)

 

海辺に泊まって

人間が活動を落ち着かせた頃、

ざーーーざーーーと潮騒を聞きながら

生ぬるい空気の中にいると

どこか元居たところに帰って来たような気になる。

 

星がたくさんは見えなくとも

(目が悪くなって、月の輪郭さえ多重にぼやけるのが悲しい)

人間生活の雑音から逃れるだけで

心がすーーーーーー、と、落ち着いてきます。

 

そう考えるだけで落ち着いてきた。

 

 

 

若い頃旅を重ねて

どこに行っても結局は同じだなぁ、と飽きてきた。

起きて食べて周りを見回す。

多少、違った風物に出会えたとしても

自分から遠く離れる事はできないんだなぁ、と。

 

上手く説明できないですが。

 

という訳で、今は日常をせっせと生きています。

 

 

 

 

「どこか遠くへ行きたい」とは

本当にぐっ、と、こころつかまれる詩ですねぇ。

 

行くのもいいけど帰りたい。

年、とったからかしらん?