小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

こんなところで脱いじゃったのね  ※閲覧注意 蛇皮あります※

 

小屋気分ますます上昇中です。

 

これは2日前のオハナシ。

 

ソファの位置を変えようと

棚を動かしたところ、下でくつろいでた羽アリが

わらわらわらわら わらわらわらわら

 

こんな時のために

アリやムカデ用の忌避剤 (粉)を用意しているので

上から振りかける。

 

フマキラー アリ用殺虫剤 アリ・ムカデ粉剤 1kg

フマキラー アリ用殺虫剤 アリ・ムカデ粉剤 1kg

 

 

 

 

酷い罰当りを犯しておりますが、しかし、問答無用。

確信犯です。

 

地獄絵図ですので画像はございません。

 

 

そうしておいて、

では、天袋を整理して

アリの来ない場所に荷物を移動しよう。

と、脚立にのってみれば

 

蛇の抜け殻

 

f:id:nyonya-c:20160811194403j:plain

これくらいはいいでしょ?

 

 

煙突掃除用のブラシが

脱ぐのに丁度良かった模様。

 

という事は、

蛇もどこかでくつろいでるってこと?

私、ここで寝る予定なんだけど

同居可能?

 

まー、この皮からして

マムシじゃないからいいけどさ。

 

旧母屋では真ッ昼間

布団の側をマムシがニョロッてたことあったからな。

あれは怖かった。

 

 

 

 

 

ここからは昨夜のオハナシ。

 

会社の懇親会がありました。

かねてより気になっていた台湾料理屋さんにて。

うわーーい、嬉しい。

なので、50分歩き、気合入れて参加。

 

雇ってもらっている会社は女ばかりで、皆とてもやさしいひとばかり。

介護施設で働いてる人って

気が強くてクセの強い人が多いけど、

訪問介護分野は違うのか?

この会社が特別なのか?

 

すごく働き易いし、わがままなシフトの上に

変更も受けてくれて、生活の質向上に大変貢献してくれています。

 

私は男には張り合っちゃって甘えられない性分だけど

女に甘えるのは得意です。

 

面倒見てくれそうな女の側にすいっと近寄っているみたい。

高校生の時も、遅刻して行っても

カナちゃんが授業の予定を見ておいてくれたし、

ノートも見せてくれた。

 

こーゆうのは嗅覚なんだろうか?

それとも女の人の性質ってそーゆうものなんだろうか?

 

 

 

という訳で、

飲み過ぎました。

安心しちゃって、警戒心もないし、お金もあまりないのに。

2次回のカウンタースナックがいけんかった、、、

 

20数年ぶりくらいに記憶を失くし、

隣に座った、車で来たから飲んでなかった人に

家まで送り届けてもらったという始末。

 

どうも転んだらしく肘をすりむいてましたが、

もどしたり、もらしたり、脱いだりはしなかった様子。

お金足りない分は誰かが出してくれたんだろう。

 

 

 

大反省。

及び、自分ってやさしさや甘えに飢えてたんだなぁ~

と、確認する。

隣の彼女のぷにんぷにんの肩を抱きまくり。

 

私が男だったら、やっぱ、私みたいな女は嫌だ。

優しくて包み込んでくれる

昨日の彼女みたいなのがいい。

 

前世は甘え男だったりして。

で、甘えすぎて人間ダメになった奴だった気がものすごくしてきた。

 

 

 

 

 

 、、、、

怖くなったので、インドネシア語のラジオ聞きながら

これ、書いてます。

 

ちょっとは前向きな人間だと思いたくて。

なんか方向違ってる気がするけど、

気休めに。

 

バランスの取れた大人の女に脱皮したい。

無理やりつなげました。