読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

一週間ぶりの日常

ワタクシゴト 畑づくり

 

一週間の出張から戻り

ものすごく久しぶりに息子の顔を見た気がする。

 

「お昼はいつもの中華屋さん行こうかー」

と、声をかければ

「うおおおおおおーーーーーっ」と喜びの雄叫び。

 

フム、すっかり男っぽくなっちゃったが

まだ私の子供であるらしい。

 

ゲームや、部活の話し

新海誠の「君の名は」ってさーー

とかとかだらだらと日常的おしゃべりをしながら

チャーハン、唐揚げ、水餃子をつつく。

 

 

 

 

久しぶりに畑を見れば

やっぱ、イノシシ来てたね。

 

8本あったインゲンはどれも葉を食いちぎられ枯れていた。

しかし、一本だけ、

食われてはいるものの

まーまーまともな形で残されている。

 

トマトもそうだった。

畑じゅうひっくり返されているのに

一本だけ残ってた。

 

わかってやってるんだか偶然なんだか

まさか、ひとつぐらいは残してやるぜ、と

情けをかけられている訳じゃあるまい。

 

私は情けのお返しなんてしないぜ。

 

 

 

 

 

糠が辺りに散乱したまま

扉を閉めっぱなしにして放置していた

出張に出る前の箱罠の様子

 

f:id:nyonya-c:20160828202313j:plain

 

側面から見た図。

 

箱の周りに散らばっていた糠も

鼻を突っ込んで届く位置の糠も

キレイに食べられています。

 

すでに、ここを安全な餌場だと認識した模様。

 

中にはまだまだ糠がある。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160828202740j:plain

 

扉を開け、固定して、

安心して中に入って来るようになりますように、

と、願いながら出張に出た。

 

帰って来て見回りに出たところ

キレイに糠が平らげられている。

 

期は熟した。

 

 

 

明日、新しい糠を買いに行きます。

 

まだ、扉は固定したままで

糠を中に少量仕込んで数日待つつもり。

 

今週中に捕獲決行します。