小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

イノシシ捕獲す! ※閲覧注意 マダニの写真あり※

 

朝6時、まだやや暗い中

恐る恐る箱罠を見に行く。

 

近づいて行くと ンッと、威嚇する声を発するので

やや躊躇するも

辺りに自由に動き回る生き物の気配はない。

大丈夫、

近くまで行き箱の中を見て見たら

あの、母親とウリ3匹の4頭が入っていた!!!

 

先日、暗がりの中

小屋の脇からフォンっと声をあげて川の方へ下っていった奴も

こさえたばかりの玉ねぎ畑を荒らしたのも

こやつらだったんだろう。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20160910002357j:plain

 

 

6時半を待ってM氏に応援要請の電話を掛ける。

 

 

今日を決行日に選んだのは

誘因餌の糠の食いつきが良くなってきたことと

近頃メッシュを巡らせた畑にも入って来るようになったことなど。

 

メッシュの中には食い物が入っている

という学習をしてしまったのかもしれない。

 

今日は授業参観、明日はセミナーがあるのだけれど

休む事になるなら参観の方がマシだな、

雨も降らないし天気がよさそうだ。

日曜に伸ばすのはよろしくないだろう。

という目論見により。

 

 

 

 止め刺しを行いM氏の軽トラに獲物を乗せて解体をする為に

M氏の会社?工房?まで運ぶ。

 

今回はマイ小刀を持参して

皮剥ぎ、足の関節はずし、あばらから肩ロースにかけてさばく

大腿から骨をはずす、などをさせてもらった。

 

しかし、肛門をはずし、腹を開いて内臓を取り出す作業は

力仕事でもあるし、毛皮がまだついた状態で中が予測しにくく

やらせてもらう自信はない。

 

それ以前の洗浄の道具だとか、解体場だとか、吊具とか

いろいろと自分では準備の足りていないことも多く

ホンット、M氏さまさまなのであります。

 

 

 

そんでね、イノシシの体にはマダニがすんごいついてんの!!!

腹に豆みたいなできものできてんなー

と、思ってたら、

ぱんぱんに膨れたマダニが数えきれないくらいいっぱい!!!!

 

 

f:id:nyonya-c:20160910004707j:plain

 

 

オエエエエーーー

気持ち悪い写真ですいません。

 

で、なんか足がごそごそするなぁ、と思ってズボンめくったら

マダニがふくらはぎ這っているじゃない!!

あわててつまんで捨てて石拾ってきてつぶしたけど

あーー、今でもいろんなところが痒い気がするーーーーー

 

作業終了後、廃棄すべきものはコメ袋に入れて

区の処分場まで運び、焼却処分にします。

埋めると狸やらなんやらがほじくり返したりするそうです。

 

こーゆう事にも軽トラが必要だよなー。

 

 

 

前回は肉の調理下準備や冷凍保存までを一挙にやって

くったくたになりましたが

今日はとりあえず布に包んで冷蔵庫へ、

という落ち着きを発揮。

 

これからぼちぼち

部位と調理予定、マリネードどうするか

冷凍すべきものしないもの

考えてまいります。