読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

道端の食堂風イノシシあばらトンセン

 

 

あ、冷蔵庫にイノシシの肋骨がまだあるんだった。

日々冷蔵庫を開ける度に

気になっていたのだけれど

そのデカさと肉のなさに手をつけるのが面倒で

見なかったことにしていた肋骨。

 

もう、一週間経ちますよ

なんとかしなくては。

 

と、思っていたところ

 madhu (id:queuexqueue) さんが美味しそうな記事上げていた。

 

 

madhu.hatenablog.com

 

いや、ここと比べるられると

洗練度、レシピ完成度、お洒落度どれをとっても

全然違う事をしてるんだけれど

料理のインスピレーションはここから。

 

そうか、ココナツミルク煮もありだ。

ということで冷蔵庫から取り出すも

流石に肉、ちょっと古いね、

が、とりあえず茹でてみる。

 

とにかく長いので一番大きな鍋を使い

灰汁がぶくぶく出てしばらく茹でてから

肉を取り出し水で洗う。

 

この長いのを半分に折らないことには料理できない。

困った。

手斧を出してくるのも面倒だし、

 

と、台所を探すと、捨てずに取っていた

錆びた出刃包丁発見。

これで真ん中辺りを どんっ と叩いて バキッ と折って

肉をちょきちょきハサミで切って

 

 

f:id:nyonya-c:20160918090610j:plain

 

15センチくらいになった。

 

んーー、なぜか肉、蟹の臭いがします。

腐っちゃないけど微妙。

 

ここから連想したのが

マレーシアで食べたフィッシュヘッドカレー

 

そうだ、あんな感じで仕上げよう。

あれ、美味かったよなぁ~~

 

 

 

私のテキトー料理のベース調味料は

玉ねぎ、にんにくをフープロでペースト状にしたものに

コリアンダーを挽いたのとしょうがのすりおろしを加えた物。

こしょうしょうしょう。

そんだけ。

家にあるもので済ます。

 

これをオイルで炒めて香りがでたら水を入れて一旦煮立たせ

圧力鍋にあばら肉、カレー粉と共に入れて煮る。

レッドカレーのイメージにも影響されてるので

チリペーストもちょっと加えて。

 

圧力鍋の蓋を開けて味見してみると、、、

不味かないけど美味しくない、

イノシシ肉のしっかりした味がしない!

 

肉を熟成させる人は冷蔵庫で一週間、とかいうけど

その方法が適切でないと、肉汁と共に味も抜けてしまうらしい。

 

だとしても、もうしょうがないので、ココナツミルク投入して煮る。

煮ているうちに、これはトンセンにしてしまおう!

と、気が変わって、クローブを3粒投入。

再び圧力をかけて翌日に持ち越す。

 

 

 

長くなるので出来上がりに一挙飛びますと、

 

 

f:id:nyonya-c:20160918091936j:plain

 

 

そこそこ肉ついてた。

日をまたいで調味料の味がしっかり肉に沁み込み馴染み

肉の味が回復いたしました。

ココナツミルクをさらに足してまったりとした味に。

冷蔵庫にある野菜を焼いて、

今どきのカレー風盛り付けにてお昼ご飯にしました。

 

あーー、久しぶりにクドいの食べた。

ココナツミルクが多かったからトンセンというよりグレか。

 

バイクやトラックの走る道端でバカッと戸口を広げた

インドネシア田舎山羊食堂風。

 

これはこれで美味しかったけど

お肉はちゃっちゃと食べるか冷凍するかしましょう。

 

反省。