読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

比企郡小川町界隈

 

成田で飛行機を降りて都心に向かい、

池袋でV字ターンをして

着いたのは森林公園駅

 

東京へ行く!といって広島を出たけれど

実は埼玉におりました。

 

ここに移住してもう16年になるという

友人の家に厄介になりに行った。

 

その昔、新宿でダンドゥットナイト(インドネシアの演歌みたいな曲)で踊る、

なんてコアな集まりで出会ったんだよな。

その後、スハルト政権下の青年育成プログラムで再会す。

 

その友人のまた友人の

小川町界隈のお店なんかをまわっていました。

 

なんといっても移住者のよりどころになっているのは

「有機野菜食堂わらしべ」さん。

ここのご夫婦の提供する

優しくて丁寧なごはんを食べに皆が集まる。

 

 

f:id:nyonya-c:20161007233414j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161007233204j:plain

 

 

私はランチにピタパンサンドセットを食べました。

奥様のゆみこさんが焼いた

自家製レーズン酵母パンを使った素朴なピタパン。

 

違和感なく、すんなりと体に入ってくる

気持ちの良い食べ物でした。

 

で、友人の頼んだチキンソテーランチもおいしそうだったので

単品でチキンソテーも頼んで食べました。

 

旦那さんのヨッシー(本名知らず)の手による

当たり前の材料を丁寧に、そして良い加減に焼いてくれた

おいしい、おいしい、チキンソテーだった。

 

すんなりお腹に収まって

外食した、って感じじゃないのよね。

 

 

それから、パワースポットとかいう大クス見に行って

(私は何にも感じなかったけど)

帰りにパンを買いに行く。

 

 

f:id:nyonya-c:20161007234007j:plain

 

「そのつ森」だって、変な名前、面白い。

私はつい「やるつもり」と記憶してしまう。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161007234106j:plain

 

ここのパンもグレープ酵母で焼いたものだけど

わらしべのパンとはまた違う。

パンって、面白ーーーい!

その人その人で違うんだねーー。

もう、なんか、表現の域?

 

 

f:id:nyonya-c:20161007234315j:plain

 

食いかけ写真で失礼。

 

これは私の食べたキッシュ。

中身がネギだらけ!!!

玉ねぎと長ネギ、黒い点々は黒コショウかな?

肉入ってないけどすんごく濃厚、気に入った。

 

あと、お豆腐の美味しい「大豆工房みや」で

豆の味の濃厚な豆腐やガンモを買って帰る。

 

 越生町のこだわり豆腐|大豆工房みや

 

 

小川界隈で口にするもの全てに

ものすごおおおおーーーーく、満足。

 

なので、晩御飯にもわらしべ行っちゃった。

 

 

f:id:nyonya-c:20161007233459j:plain

 

金子さんの有機野菜とか、

誰かの野菜ジュースとか、

小川の地ビールとか、

ゆみこさんお手製のスコーンやグラノーラもあります。

 

 

友人の友達でもあるもんだから

居座って、自転車の話し、酵母の話し

小川の在来種の大豆、青山在来でテンペ作りたいね!とか

話がはずむ はずむ~~

 

ここに来るお客さんとも簡単に繋がっちゃうから

イノシシ猟の話しで盛り上がった~~

 

ああ~~、ここにいる人達って気持ち良いなぁ~~

皆が嘘のない暮らしをすることに

衒いもなく、当たり前に向き合ってるんだよな~~

私も移住しようかな~~~

って気分になるくらい。

 

でも、土地から呼ばれてる感じはなかったので

一年に一度は小川界隈に行って

美味しい料理を食べて人としゃべりに行こう

と、思うのでした。

 

満足 満足