読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

小豆島ぶらぶら

おでかけ

 

日曜休みだったので

小豆島に行ってきました。

香川県の島です。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161212052329j:plain

 

風が強く寒かったので

まずはきつねうどんをお腹に入れてから出かける。

 

このポスターの役者さん

かっこいいのに変なCMばっか。

 

 

 

 

車を持ってフェリーに乗ると往復5000円以上する、

当然、置いていきます。

島での足はレンタルサイクル500円也。

 

乗るなり「重い!」

普段軽いクロスバイクに乗りなれてるので

ママチャリ重い。

 

しかもブレーキの遊びが多くて効かないくせに

握り直すとブギギギィィィィーーーーーーッとかひどい音をならしながら

突然効く、センターがズレてる、という代物。

 

しかし、とりあえずタイヤに空気入ってて、

3段変速であったことが救いです。

 

島は傾斜はひどくないものの

それなりにアップダウンがあるので

一速でなんとか乗り切れるところだけぶらついて来ました。

 

くぅうううーーーーっ

クロスバイク持ち込んでれば

楽勝で回れたんだけどなぁーーー、、、、

 

 

 

下調べせずに行ったのですが

船着き場に置いてある地図では

島の道の繋がり、全体感がわかりにくく、

方向違いに走ってみて、修正する、という感じになった。

 

そのおかげで目的地のみ見に行くのではなく

寄り道中心なサイクリングになって

それはそれで楽しかったけれど。

 

一応、お遍路が回る寺とか

観光スポットもいくつか行きました。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161212073156j:plain

エンジェルロード

 

引き潮により余島まで繋がる道が現れ

「大切な人と手を繋いで渡ると、願いが叶う」そうです。

 

あっっ?!?!

来る人皆が恋人いる訳じゃないんだけど???

 

 

そんなことより

島というのはさびれています。

きっとここに限らず、地方というのは皆そうで、

特に島というところはキツイんだろう。

 

いろいろと経済的努力をしていて、

エンジェルロードだって、その努力の一つだろうけれど。

 

廃れてしまった場所を隠すためのお金もないから

そこかしこに廃墟が露呈している。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213234918j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213235014j:plain

 

HOTEL TOYOSO

プライベートビーチがついていて眺め良し、なんだけどな。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213235156j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213235243j:plain

 

廃墟好きにはたまらないスポット。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161214001048j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161214000937j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213235813j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213235516j:plain

 

今にも崩れそうな瓦屋根なぞ

いくらでもある。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161213235615j:plain

 

 

お地蔵さん

この島のこれまでを見てきたの。

 

 

小豆島の人にとって、

こーゆう紹介のされ方は嫌だろうけれど

廃墟物件多かったし、目についた。

 

 

 

でも、島らしい気持ちの良さももちろんある。

今回のお気に入りの場所。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20161214001237j:plain

 

この山の向こうが半島になっているのだけど

とてもじゃないがママチャリで行ける道じゃなさそう。

 

でも、ここの緑の生命力と浜との兼ね合いが気に入ったので

しばらくのんびりと転がる。

 

 

f:id:nyonya-c:20161214001642j:plain

 

気分良し。

 

 

のんびり転がっていたら

鷹のようなのが私のすぐ上を

ゆっくりと高度を落としながら旋回し始めた

 

、、、まさか、獲物だと思ってないよね?

 

 

f:id:nyonya-c:20161215100136j:plain

 

 

いきなり起き上がったら

奴はバランスを崩しながら飛び去った

 

ふふふふふ

 

 

 

船着き場までの帰り道は

来た時に坂を登り降りしたのと同じだけ

やっぱ、登り降りしないと帰れない訳で、

6時間程度の滞在だったけれど

時間いっぱいいっぱいでした。

 

土産にはもちろん

小豆島産のエクストラバージンオリーブオイルを買って参りました。

 

次の機会があったら

クロスバイク持ち込んで

オリーブ園とか半島の先まで行ってみたいです。