読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

来てます 来てます

小屋じまん いのししのこと

 

今年も春の訪れを体調不良で知る。

 

花粉症というほどひどくはないけれど

目がかゆくなり目薬をささないとつらい。

なんとなく体が重くて

気分までグレーなもやがかかった感じ。

 

 

かつて祖父の植えた

半分欠けてしまった梅の木にも花がついた

 

f:id:nyonya-c:20170306084238j:plain

白梅

 

その後ろには新しい梅の木が自生してる。

 

f:id:nyonya-c:20170306084332j:plain

 

こっちは紅梅

 

春、来てる 来てる。

 

 

そして、こっちも 来てる 来てる

 

f:id:nyonya-c:20170306084826j:plain

 

結構な掘り返し。

 

この上は竹藪なので

この辺りにも竹の子が出てくるから

それを狙って。

 

そして、左上に見える糠餌にもおびき寄せられ、

鼻を箱罠につっこんで食べてる様子。

 

 

f:id:nyonya-c:20170306085113j:plain

 

蹄の跡もくっきり。

まぁまぁの個体でしょ。

 

 

f:id:nyonya-c:20170306085211j:plain

 

入り口の糠も食われてる。

 

こうやって扉を閉めたままで

外と中にまたがるように糠を蒔いて

ああ、中にはもっと食い物があるのにーーっ

という気持ちを盛り上げていただこうという算段。

 

 

駆除許可が下りるまで

じっくりとお迎えの準備をすすめます。