小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

デート

 

もうすぐジョグジャにリサーチに行く、

というお友達と一緒にお出掛け。

ウッドワン美術館にドライブしながら

これまでの事、これからの事

いろいろおしゃべり。

 

お互い、やってることが似通っているのに

年齢も人間のタイプもかなり違っているので

その違いが楽しい。

 

 

美術館の企画展は

GLOBAL NEW ART 

タグチ・アートコレクションのエッセンス展

 

 

どの作品も面白くて

しぶちん面してなくて楽しめた。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20170907041434j:plain

 

中でも、この作品については

友人にねぇ、ねぇ、これってさー、と

その場で話しかけたんだけど

彼女もバティックをやっているので、

 

これはシャンタンに刺繍をほどこしラインストーン等をつけたもので出来ている。

そう、手芸屋さんで揃う材料で。

手芸の範疇の作業で作られているのにアートとして見えるし

その素材と仕事に存在感があるので見ていて厭きない。

 

 

f:id:nyonya-c:20170907044933j:plain

 

へぇぇぇぇーーー

こういう表現もあるんだ。

 

大きいからかな?

光沢があるからかな?

ライティングがいいからかな?

バティックでもこういった存在感のある作品できないかしら?

 

この夏のジョグジャの旅はアートを巡る旅でもあったので

表現するってことについて考えたり

揺さぶりをかけられたりしております。

 

あと、好きだったのはこれ、

 

 

f:id:nyonya-c:20170907043602j:plain

 

マックの紙袋を切って

中に木ができちゃった。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20170907043723j:plain

 

裏に設置された画像が上方向に流れるので

玉に写る絵がそれぞれに変化してなんだか気持ちいい。

 

これらは写真撮影OKの作品たち。

 

 

 

常設展はここの所蔵する

マイセンとガレのコレクション。

 

これだけのガレを見たのは初めてです。

いろんな手法を盛り込んでいて

大胆で、動きがあって楽しかった。

その仕事はちょっと汚いっていうか

雑に感じるんだけど

表現の楽しさが勝つ。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20170907045229j:plain

 

 

最後は併設のカフェマイセンにて

ブルーオニオンで出されるコーヒーに

珍しくケーキセットなど頂きました。

 

デートだからね。