ひとり遊びの日記 

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、遊んだお話し綴ってます

東北の旅 ~岩手編 星耕茶寮~

 

東北へ行くなら

訪ねてみたかった友がいる。

 

20年くらい前、ジョグジャ在住中に会った

友達の、その友達のバイク野郎、

何度か手紙でやりとりしたり(まだそんな時代だったんだよ)

バイク旅の途中に広島に寄ってくれたり(岩手から!)

 

そうこうするうち、現代のネット社会で再会す。

 

今ではデザイナー(!)を仕事として個人のスタジオを持ち、

オリジナル商品を展開している。

楽しくクリエイティブな友に囲まれ、エキサイティングな日々を送っているらしい。

しかも、

小屋好き、DIY好き、古いもの好きの領域が似ている。

そんで、なんと、

最近めんこい子と結婚したと!

 

これは直に会いにいくしかないでしょうーー

 

事前に紅葉と温泉をめぐる旅であること、

タイマグラに住む、「森の暮らし」という本も出している

彼のお友達でもあるちほさんの家に行きたい、などの希望を伝えたら

だんどってくれてた、ありがとーーお!!

 

 

 

鶴の湯に後ろ髪ひかれながらも秋田を出発

岩手へ向かう。

 

約束の時間にお宅到着してホッとするも

訪ねる予定のタイマグラは遠い、とのことで

あれこれのDIYの成果あふれる工房に後ろ髪ひかれつつ早々に出発。

 

「予約しときました」のメールをくれていたのだが

なにを?どこで?と思いつつ

立ち寄ったのは星耕茶寮さん。

 

友人はここのオーナーと仲が良く、

工房の玄関やストーブ設置を手伝ってもらった

という記事読んだな、

ああ、あの話に出てくる幸吉さんの家だ。

 

現れた幸吉さんを一目で好きになり握手を求める。

その手の分厚く温かいこと!!!

仕事をする人の手って、なんていい感触なんだろうーー。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171110211114j:plain

 

中から見た店の入り口、

南部曲がり家の大きな建物。

この古い建物を気に入り、

自分で手を入れながら暮らして20年以上になるという。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171110211925j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171110211952j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20171111071941j:plain

 

お猪口いろいろ

うちにもあるある、こんなやつ、

そっか、こうやって飾ろう。

 

 

f:id:nyonya-c:20171111072118j:plain

 

 

椅子のカバー

うちにもあるある、こんな布、

そっか、こうやって使おう。

 

 

 

たくさんの古いものとご自身の作品がびっしり。

とにかく物がたくさんでどこを見ても隙間なく物があるのだけれど

ごちゃごちゃとか雑然とか汚くならない

なんだか安心できる不思議なお店。

ものが自然と集まって来るそうで

仕入れたのではなく、

ゆずられ、引き受けたものなのだとか。

 

 

f:id:nyonya-c:20171110212346j:plain

 

ここでも、丁寧で当たり前においしいご飯をいただく。

お蕎麦のつゆはやっぱり芋子汁。

作って下さったのは奥様かしら?

幸吉さんは若い時分、船のコックとして世界を回っていたのだそう。

 

以下は幸吉さんの作品。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171110212836j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20171110213544j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171110213612j:plain

 

 

古く使われなくなった物から作られている。

鉄でできた大工道具がパーツになっていると

なにかひとつ欲しくなっちゃう。

 

もっと沢山お話を聞きたかったのだけど

タイマグラは遠い、

ので、こころ残しつつもお別れする。

 

 

幸吉さんは70歳をとおに過ぎた方なのだけど

年をとるって、素敵なことなんだなぁーーー、と思わせる、

存在感のある方でした。

 

上手く語れないのでこの辺で。

 

私もまだまだじゃん、

先が楽しみ!!

と、思わせてくれる先達と会えるって

幸せなことよーーー

 

 

つづく