小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

イノシシ解体用ナイフの自作

 

狩猟解禁以来、

4頭も立て続けにイノシシ獲れちゃって

忙しい冬の始まりとなる。

 

11月24日に捕れたのがこの2頭

イノシシって兄弟で行動するのかしらね?

 

 

f:id:nyonya-c:20171205132319j:plain

 

 

この日は、朝と夕に介護の仕事が入っていたので

遅れての解体作業参加となり

いそいそとわくわくと

M氏の倉庫に向かったのは、

 

 うふふふふ、

準備しといて良かった。

解体用ナイフ自作したんだもんねーー♡

 

私のこれまで持っていっていたナイフは立派過ぎて

手に余るし重いし、ぴたりでないとこにもずばっと入っちゃう。

なので、

ホームセンターで利用できそうな形のスクレイパー買ってきて

砥石でせっせと研ぎました。

 

 

f:id:nyonya-c:20171205132828j:plain

 

 元の形状から変えていませんが

刃だけつけました。

 

 仕上げ砥を持っていなかったので

中仕上げまでの状態で持って行ったのだけど、

それでもいい仕事してくれた。

 

なにより軽くて持ちやすくて小回りが効き

関節にナイフを入れるのに形状バッチリ。

このカーブも先っちょも捌くのにピッタリ。

 

平らなとこは大きく肉を切るのに都合よく。

しっかり研げてるらしく仕事しやすかった。

 

皮を剥ぐのにはこのカーブでいいのかどうかはまだわからず。

使えるけど、すごくいいとは言い難い。

もう少しカーブが緩やかなほうがいいのかなぁ?

まぁ、難しい仕事ではあるんだけど、皮剥ぎ。

 

 

 

これだけ捕れてるのに、

昼に台所に立ってたら正面にイノシシいた。

 

窓の外をのんびり歩く姿を見ると

放牧、って言うのがふさわしいのかなぁ~

と思われてきた、、、