小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

瀬戸漆喰を塗る

 

新年の心意気を下書きしたまま

すでに一月も終わらんとす、だって。

 

ま、そんなもんなんじゃん。

 

こう長年生きてくると自分の愚図っぷりにも諦め感が出てくる、

とはいえ、時間かかりながらも形になって来るものも、あるっちゃ、ある。

賢いタイプの人じゃなかったのね~~

と、おおらかに生きて行こう。

人生100年時代だもんね。

 

 

昨日は漆喰塗りのセミナーに参加して参りました。

最近、壁塗りの機会がそこそこ来てるね~

壁塗料塗りも1週間前くらいに手伝い行ったしね~~

んで、今後も埼玉まで古民家の壁塗り手伝いにも行くつもりです。

 

え?私の小屋の壁は?

他人の手伝いで腕上げてから、ぼちぼちやりますわ。

 

 

と、いうことで漆喰塗りの話し。

 

 

今回、使用したのは瀬戸漆喰という素材でした。

この扱いを、一級左官技能士のカイルさん、というアメリカ人の方が指導して下さる。

カイルさんのとこから助っ人2人、空くんと

「まるちゃーーん」、っていう和風なあだ名で呼ばれて飛び出たのは

巻き毛のむっちゃ可愛いイタリア女子。

一人静かにウケた。

 

他、この会の主催者、瓦屋さん、漆喰屋さん、

そして関係者的何者かわからん人たちいろいろ

プラス参加者6名で作業を行いました。

 

まずマスキングして、古い壁材の撤去。 

わた壁っていうよくある和室のふわっとキラっとした壁なので

ポリマーを水に溶いたものを塗り

壁材をふやかして除去します。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20180129170907j:plain

プロのお道具♡

 

 

 

そこにハイフレックスという下地材を塗り、

1時間くらい間をおき

いよいよの漆喰塗り。

 

 

f:id:nyonya-c:20180129170657j:plain

 

袋から出したまんまだとまだ塊があるので

まず塊をほぐすようにこねる

それから水を足して硬さ調節。

 

均一良い硬さに練れたら、コテ板にどさっとのっけて

ひたすら塗る、塗る、

 

以降

作業が楽しくて写真撮るの忘れてました。

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20180129171348j:plain

 

 

仕上げの一例として

刷毛目で模様を描いているところですが、

こうする前にはぴたーーーーっと真っ平らな

美しい仕上げをされています。

 

それを見たらコテ跡のある個性ある塗り壁

なんつーのが安っぽく感じられるもんね。

 

日常生活の中では動きのある

楽しいものが良いかもしれないけれど、

落ち着いた静かな、人の手による最上な仕上がりって

一つ違う次元に壁が飛んでっちゃったみたいな感じ。

 

 

平らに仕上げる専用のコテは

素材も硬くツルツルしていて

撫でていくと漆喰中の水分を表に引き出してくれるのだそう。

 

 

 

 

漆喰って、消石灰なんですね。

水で練って、塗り、乾いていく過程で空気中の二酸化炭素と反応して

石灰岩に戻っていくのだと。

面白ーーーい!!!

 

基材の消石灰

ゆっくり乾きかつヒビ割れなく良くまとまるよう、麻スサや糊まぜている。

好みで藁とか、紙とか混ぜてもOK。

瀬戸漆喰には骨材として砂や牡蠣殻が混ぜてあります。

 

 

と、いうことは、

消石灰なら安い大袋がホームセンターで買えるし、

砂ならすぐそこの川にあるもの。

綿くずもどっかにしまい込んでるのがあるはず。

これって

自作できんじゃない?

 

小屋工事の進捗がはかばかしくないのは

こーゆうこと考えるのが楽しくて、

脇にそれていくところにもある、と、思う。