小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

 

ひょんなことから骨を扱う人と

知り合いになりました。

 

人間の骨ではないです

念の為

 

いろんな仕事があるもんだなぁーー

 

私もイノシシの解体をするようになってから

身体の働きと骨の形の関係

のようなことに興味を持ち始めたので

是非、お仕事覗いてみたいと思っていたのだけど

チャンス到来!!

先日、骨を取り出して洗浄する、という作業に加わってきました。

 

写真をネットにアップしちゃいけないし

詳しく書けないのだけれど

嬉し楽しかったので、書きたいこと書く。

 

 

と言っても

書けることはあまりなく。

骨の造形って面白いなぁ~~

と言う事ぐらいかしら。

 

特に耳まわりの骨が魅力的で

どこか、砂漠の洞窟のような

うねりと質感と色

吸い込まれるような美しさでした。

 

写真だせないのが残念ですが。

 

 

ジブリ映画の「風立ちぬ」を以前見て

気に入ったシーン

サバの骨

堀越二郎に骨の造形の完璧な美しさについて

言及させているところがツボ。

 

 

面白い事に出会う運が強い

自分の人生に感謝