小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

人と会う事

 

昨日は友人とランチでおしゃべり。

Ri楽ショーツ、というふんどしパンツを製造販売している

トミーローズちゃん。

19歳の頃、東京時代の友達で、長い間会っていなかったけれど

お互い中国地方に住むことになったので

ここ数年、年に一度は会ってます。

 

バタバタいつも忙しくしていて

声が大きくてマシンガントーク

悪気なく他人の気分を害していそうな人(ごめんっ)

でも、どんな人にもやさしくありたいという心の持ち主で、

誰とでも本気で関わるいいヤツです。

 

彼女は最近のどたばた仕事関係人間模様をドバーーっと話す。

私は、相変わらず良くないものも引き寄せる人だなーー

そんな話聞くのも嫌、とか言いたいこと言い合いながら。

 

あ、合わない

と思えばすぐ関係を切る私と違って

彼女は粘り強く結果が出るまで、

あのパワフルな調子で突っ走り続けます。

 

彼女はつい先日、遠方の取引相手に初めてのあいさつに行ったのだと。

これまでは電話やメールでのやりとりだったけど

齟齬があって、仕事がスムーズに進まないので

意を決して会いにいったら、すごーーーく関係が良くなっちゃって♡

ですって。

これに要した期間2年間!!

疲れたでしょうにー、、、

 

他にも時間をかけて人間関係を切ることができた話もあり、

彼女のパワーに頭が下がる。

 

そーなんだよ、トミー電話だとその調子だから怖いけど

会えばいい奴だ!ってこと、誰もがすぐに分かるんだから

さっさと会いにいくべきよ!

と言わせてもらいました。

 

彼女はかなり特殊なタイプだけれど

会う、ってとても大切なこと。

向かい合ったその一瞬に多くのことが伝わり合う。

 

 

 

nyonya-c ゴールデンウィーク中は東京でした。

今年もまた、小川町の素敵な人の輪に加わらせてもらって

コミュニティの良さを体感したり、

久しぶりに販売をして、お客さんと売買の空気を楽しんだり、

東京で人に会って、多くの刺激を得たり、

直接人に会う重要性を

ひっしひしと感じるウィークでありました。

 

去年、都合が合わず会えなかった

インドネシア語通訳者たちにも会うことが出来ました。

そして、彼らの能力の高さに熱が出そうになった!!!

私はこの場にいて当然の人間になりたい!

ふさわしい能力を得る!!

 

ってことで、

現在勉強にハマり中。

お酒飲む気分皆無な程ハマり中。

佐藤優さんも、勉強したいから今はお酒飲みたくない、って言ってた。

(大丈夫、自分を同列には置いてません。

ただちょっと嬉しいだけ。)

 

 

会う度に、一枚ずつ購入していたRi楽ふんどしパンツですが

今回は4枚購入。

布が股間にぴたーーー、と張り付かないし

お尻の間に挟まりこまない。

流石、女性の身体のことを真剣に考えている意匠。

その名の通り、履いてて楽なことは実証済み。

夏はヤッパリこれでしょ!

 

それに、お尻のカタチが良く見えます。

うふ♡

 

 

追記:

以前、彼女と男性用ふんどしパンツの開発について話したときに

ちょっとアイディア出したんだけど、

早速それを試作して、意匠登録出願し、登録されたのだと。

この6月から実際にネットで販売されるんだって、

楽しみ~~