いちの木の小屋と山

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、いろいろやって生きてます

くりうんち

朝の草刈り中に発見 朝のルーティン 栗拾い ノコギリ鎌持って笹や藪を整理しつつ 生えているものを観察し記憶にとりこみつつ けものみちを歩きながら イノシシのおこぼれないかな~ と、辺りをじっくりなめるように 丁寧に見る。 と、目の前にうんち 消化良…

うんちしたの誰?

玄関にうんち まだ新しく見える 何かの種がたっぷり混ざった 水分量の多い 玄関ポーチの角っこにあった これは、誰かのうんち 土の上ではなく 人工的領域の端っこの タイルの上にわざわざ どうして、ここを選んだのか? 黒くつやのある種は スイカのように見…

かぼちゃの芽でお味噌汁

畑にあるものでお味噌汁 朝はごはんと味噌汁 白いもの赤いもの緑のもの 根っこ葉っぱ実と豆腐 ごちゃごちゃ具が入ってる系 わかめとお豆腐にネギをぱらり とかが出来ない 我慢ならん 満足できん なのに、あんなに畑にふさふさ茂っているのに 食べられる、と…

イノシシのおこぼれ 拾った栗

夜中に栗をむく 草刈りしてたら 栗がそこそこ落ちていることに気付く 祖父が戦後に植えた栗の木の 家から一番近いいっぽん どうせ虫食いだらけだろうと思ったけれど むいてみたら案外綺麗 そして そこそこ太ってる ここがイノシシの通り道 写真では見えにく…

髪切った

さっぱりーー なぜ今まであんな重いのぶら下げてたんだか? 床に落ちてるの見てもウンザリしてたのに。 そうだ、ショートにしよう!!と思って 予約入れて 昨日髪切ってきた。 「大人のショート」ってワードで検索したら 出てくるスタイル。 思い起こしてみ…

リゾートしたい

小屋の整理してるとたいていはまる 思い出沼 昔の写真に手を付け始めたら 忘れてたいろいろに思考が飛んで 片付けは中断される羽目になる。 Nerja スペインの海がきれいな街、ネルハ 当時の通貨はペセタですよ。 欧州が統一するなんて全く予想の外だった。 …

肉まんならず、で、お焼き

本当は肉まんが食べたかった。 でも、つい強力粉を使ってしまったから ふんわり蒸しあがる生地にはならない、 と、いうことに あんを包む前に気が付いて良かった。 蒸しパンの生地には薄力粉を使うんだよね。 ということで、急遽お焼きみたいなのにしました…

昭和歌謡を聴く秋の夜

あの頃、脳細胞が若かったからなのか 何気なく聞いていた 特にファンでもなかった歌手の曲でも ちゃんと歌詞を口ずさめてしまう。 昭和歌謡を聴いて歌うと 幸せホルモンで満たされるような エブリシングノープロブレム気分。 野良仕事してシャワーも浴びて …

秋が来た

今年の夏はきつかった。 気候のせいか、年齢のせいか、 春にはあんなに没頭していた山仕事なのに 夏は全然動けなかった。 そして、この数日 山に入って鋸ガマを振っている。 秋が来たぞと身体が感知したらしい。 夏は草が伸びるに任せていたけれど それでも…

小麦粉酵母パンで朝サンド

昨日の夕方、 IHグリルで焼くプチパンをリベンジした。 基本の分量をアレンジして 水分多め、黒砂糖少々、オリーブオイル少々加えて ホームベーカリーの天然酵母パンコースの パン生地作りメニューにお任せする。 生地が出来たら取り出して 8つに分割し、丸…

酵母をおこしてパンを焼く

古本屋をぷらぷらしていたら いい本見つけた。 自分で作るパンとビール 想像するだけで幸せな気持ちになります。 これらの本との出会いは 鳥取のタルマーリーへ行ったすぐ後。 私もあんなパンとビールを作りたいな~ と思っていた矢先。 神様は見ていらっし…

で、バビグリンの出来はどうだったの?

焼きたてのバビグリン 白ご飯にのっけ 詰め物にしたタロイモの葉と一緒に 手で混ぜ混ぜしながら食べました。 これはこれで美味しいんだけど 久しぶりのバビグリンだーー!! と、期待値マックス喜喜としていたバリ人にとっては 全然ダメ、だったらしい。 一…

広島deバビグリン(チェレンだけど)

ついにその日がやってキタ!! 晴れの日曜日 バビグリン決行の火蓋が切られた。 バビグリンとはバリ島の名物料理、豚の丸焼きですが、 これを子猪で作ろう!という計画です。 朝8時にテンペ工房へ迎えに行くと テンペ屋の主人とバリ人の若者2人は バナナを…

とりあえずハロゲン

車の前照灯が切れていた。 年取ったなぁ~、目ぇ悪くなったなぁ~ 暗くなったら辺りが見えにくいや、と思っていたら ライトが片方点いてなかった。 気付かずだいぶ長いこと放ってあった気がする。 良く捕まらなかったわ。 ホッ 以前乗っていた車では 夜、慣…

子猪飼ってます

ガリガリに日照り続きだったのに、 今度は山が溶けるんではないかと思うほどの豪雨。 水量の少なかった沢にはじゃんじゃん水が流れ、 普段は水気のない竹林の谷にも沢が現れる。 湧き水が出るって贅沢~~ ここに井戸掘ったらいい飲み水出るんじゃないかな~…

雀蜂残酷物語 その2

雨が降るらしく薄暗い トマトに柵してビニールの屋根を張った。 まだ降らないなら剪定くず燃やしときたいな~ どうしよう。 昨日箱罠に撒いた米糠はきれいに平らげられていた。 イノシシ、来てる。 油断してるな。 これから雨が降るなら 早めに餌探しに出て…

東京クルド

「日本というのは、そもそも、 国土狭小・人口過多・資源貧困・単一民族の国なのだから、 難民受入の基本的な条件が整っていないのは当然である。 また、 我が国は日本人だけで非常に高度の和と能率が維持される国に 仕上がっているのだから、自ら好んで外国…

ワクチン狂騒曲

やった、、 やっと予約できた、、 新型コロナウィルスワクチン予防接種のネット予約が。 広島で私の年代に予約解禁されたのが 7月31日(土)午前9時 一応それ以前に予約サイトでマイページ作って 予約方法の予行演習しといたんだけど、、全然ダメ あっつ…

SILENT FUKUSHIMA

まだ途中まで見始めたばかりなんだけど、 「SILENT FUKUSHIMA」 という映画。 いいです。 ちょうど今、膿大放出のタイミング。 Vimeoで限定無料公開中ですから この機会にどうぞ。 是非観て、で、周りの方々にもお勧めを。 https://vimeo.com/578050172 #Vim…

チレボン柄楽し (インドラマユ柄だったかも)

小屋の整理整頓ぼちぼちと。 インドネシア時代の写真を突っ込んだ箱の中に チレボンで撮った写真があった。 2006年くらいの写真。 いろんな柄が柄見本のように一枚の布に集まっているバティックの その柄をひとつひとつ撮ったもの。 チレボンはジャワ島の北…

雀蜂残酷物語

題名の通りスズメバチを殺すお話しです。 ついこの前、軒先を見て 「今年もスズメバチ、巣を作りにこないなー ヨシヨシ」 と、思っていたら、 あっという間にでっかいのが垂れ下がっておりました。 不覚、、、 しかし、 オオスズメバチ対策はまずまずの成果 …

ちかごろのワタシ

あんまりいろんなことがありすぎて 考えが追い付いていかない。 ぼちぼち草刈ったり 野菜の成長を喜んだり イノシシの足跡を辿ったり ここでの日常はいつものように変わりなく とても平和にすぎている。 雨続きで山が崩れるんじゃないかと心配したけれど そ…

伊豆山の土の中で

www.youtube.com 今年の始まりに自伐型林業を知りました。 なんの前知識もないのに 「崩れない作業道」講習会に参加するチャンスをもらった幸運よ!! その後、 youtubeに自伐型林業推進協会のチャンネルがある事を知り、 日に何本も動画を見て勉強を重ねて…

夏が好きだ

ムシムシして 暑いと感じる程ではないけれど じとっ と汗をかいている。 シャワーを浴びて さっぱりとして ヤレヤレ と しばらくしたら また、じとっ それでも、夕方になり 晩ごはんの支度に台所に立つ時 ヒグラシが鳴くのを聴いていると 「夏がきた!」 と…

Deklarasi Juni

タイトルは「6月宣言」 です。 特に記念日なんかがある訳じゃないけれど ここのところ怒涛のようにやって来て メンタル破壊して流れ去って行った期間の 終了を宣言しようと思って。 お母さんネタです。 あまり家族との関わりのこと 書かないでおこうと、普…

タケノコ蹴り

ぼんぼん出て来るタケノコ 竹林があるのは谷 礫が多く しかも普通の鍬でタケノコを掘り出すのは大変。 それでもどのようにタケノコが地下茎についているのか見たい。 まるまる掘り上げてみたくて 掘ったゼー ハー ハー ゼー ゼー ハー ハー ゼー ゼー この場…

まんぼうの最中

ちょっと前の話しになってしまったけれど まんぼう出てすぐ大阪行ってました。 タイトルはコロナギャグを記録しておきたい と言いつつの、ウケ狙いの言葉遊びです。 スンマセン このアホ臭さにワル乗りしないでいられるもんかいな。 日本に一時帰国したらコ…

春 来ました

花粉が怖くて外仕事ができない しかしゴミ捨てに出れば 目の端に入る春のあれこれ 畑の際に何年も前に植えたクロッカス 毎年春を告げる こいつも来始めたか 猪の足跡 狩猟期間が終わったので 箱罠の戸は閉じられている すぐ近くで早堀りタケノコを食されたご…

猪の肉の部位とそれに合った料理

初めて自分の縄張りでイノシシを捕り 解体して料理したのは2015年の暮れ、 であったらしい。 その後これまで何度もいろんな猪料理を作ってきたが、 肉の部位の特徴を把握するまでには至ってはいなかった。 まぁ~脛とかアバラとか好きな部分は気にしてても …

猪の骨格と肉

2月のはじめから ずうううーーーっと 書いて出したいと 思いながらも収拾がつかなくなっていた 捕って解体して観察して料理した、いのししの記録。 料理部門は後日に回し 観察した骨と肉の備忘録をまずは記すこととする。 と、いうことで 骨や肉の写真が苦手…