小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

HAKATA

 

f:id:nyonya-c:20170717071514j:plain

 

 

おはようございます

 

久しぶりに福岡のドミトリーに泊まっています。

 

ここに泊まるのは3回目ですが

これまでの部屋のベッドには

それぞれにカーテンがついていて個室感覚だったけど

ここには、ない、

 

冷房が効きすぎていて

シンガポールのドミトリーを思い出す。

 

 

同室は韓国人の女の子2人連れ、

静かに気を使ってくれる。

 

言葉通じないので 身ぶり、手ぶり

 

 

 

 

今日は天神辺りで

マンウォッチングと食い倒れ

かなぁ~~??

 

がらんどうまであと一歩

 

疲れました、、、、

 

夜、出張から戻った翌朝の4時から

小屋の片付けを始め、

9時過ぎに助っ人参加にて

解体工事に入りました。

 

 

まずは元の状態がコレ、

 

f:id:nyonya-c:20170707180830j:plain

 

 

んで、昨日のお昼には以下の状態で、

 

f:id:nyonya-c:20170707180936j:plain

 

 

 

 

3時過ぎ、

この辺はとっぱらった。

 

f:id:nyonya-c:20170707181053j:plain

 

 

 

お風呂、トイレ辺りがまだもうちょい残ってるんだけど

第一次工事は今日のみ。

 

一人でカンパーーーイ!!

 

f:id:nyonya-c:20170707181312j:plain

 

 

助っ人には廃棄物処理に行っていただきました。

 

12時間稼働してたんで体中が痛いけれど

がぽっ、ごそっと中身がとれてスッキリした

あー嬉し。

 

 

 

もうすぐインドネシア語検定試験というのを受けるので

日々せっせと勉強中。

やればやる程、自分の能力の低さを思い知る。

試験のことで頭一杯、

小屋レポートを語る余裕がありません。

 

 

のはずなのだけど

 

f:id:nyonya-c:20170707183024j:plain

 

小屋に足踏み入れると

つい、

何かしらやりたくなってしまう。

 

勉強が手につかない、、、、

 

 

 

助っ人来たる

 

 

午前中に来てくれました、

小屋改修の助っ人さんが。

 

あれこれ構想をお話しして

見積もりをざっくり出してもらい

その過程で理解が違っていたところを補正し

必要な物、外注の要不要、日程のめどをつけ

取り敢えず30万円くらいでいけそうな算段です。

 

一番嬉しかったのは

土間にコンクリートを打たなくちゃ、とばかり思い込んでいたのが

土を固めてプレキャストのセメントタイルのようなものを敷き詰める

というアイディアが出たこと。

これで大幅に予算カットできる!

 

ジョグジャで買って来たセメントタイルを間に入れて

モザイク調のデザインもできるし、

しっくりこなかったら後で組み直しも出来る。

 

素晴らしいじゃないですかーーー

つっかえが外れてぐいぐい進みそうですよーーー

 

で、小屋改修の話しは

さくさくっと終わっちゃったんで

今手掛けているという古民家改修の話しを聞いたり

3D CADやプリンターの話しとか聞いたり

いやぁ~、なにしろ面白かったわ~~~

 

私からは、先日テンペの話しをしたところだったので

テンペゴレン(揚げテンペ)を出して、食べていただきました。

美味い、ってよ。

やっぱね~~~~

 

揚げたてテンペを美味しく食べたいので

本日は断食解禁してビールもお伴にいただいた。

お昼はマカロニサラダ+畑に生えてるもの 

ルッコラと蕨と蓬を添えて。

 

 

f:id:nyonya-c:20170613162815j:plain

 

良く見えないけど、レンジした茄子を丸一本入れたのだが

茄子好きには物足りなかった、

二本入れても良かったな。

 

小屋にて

お祝いの一人ランチ☆

 

 

 

 

 

昨日は少しでも片付けておこうと

バタバタしてみたのだが

バティックを片付け始めたら結構枚数あることに

自分でもちょっと驚く。

似た様なのを何枚も買ってるなぁーーー

でも、やっぱそれぞれ違うんだよねーー

 

で、飾りたくなっちゃって

そのために多少片付けは進んだが

掃除までは出来ず。

 

 

f:id:nyonya-c:20170613163733j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20170613163755j:plain

 

 

上のバティックはティガヌグリのパギソレ。

グリーンが効いているのが気に入った。

 

下のはプカロンガンのサロン、筒縫いされているもの。

この手縫いの感じがまた良いんですよ。

でも、箪笥の下段に入れていたら

蟻にくわれて穴だらけになってしまった、という

悲しい一品。

 

これらは私の染めたものではないですよ、念のため。

 

バティックってすごく大変な作業ですので、

職人も染料も蝋の質もあらゆるものが揃わないことには

綺麗に染め上がらないし

それに相当時間がかかる。

 

今は到底こんな素晴らしいものは出来ないので

良い仕事の古バティックに会うと

つい、つい、買ってしまうのよね、、、、

 

 

早ければ、外注さんの手配が出来れば

今月末に天井板解体と張り、それと床解体ができそうです。

 

と、書いてみたところでさっぱりでしょうけど、

工事の写真をアップしますので

こうご期待!!!

 

 

断食好きです

 

昨日は久しぶりに断食してました。

と言っても、ミルクティーとか飲んでたから本当のじゃないけどね。

 

インドネシア在住中、2回断食月に断食したことがあります。

エセイスラムだからお祈りもしないし

生理中の不足分は補わないし、

夜明け前の食事もモスクから放送流れてる間は食べててもいいだろう、

とか、いい加減なやつだけど。

 

それでも1ヶ月過ごした明けの気持ちのすがすがしさは別格です。

 

多分、ほとんどの日本人がイスラムの人が苦行やってるわー

と思って見てるんだろうけど

当人たちは聖なる月がやってきた喜ばしい気持ちでやっているので

別にかわいそうじゃないですから。

目の前で飲み食いされてもどうってことないし、

日本的配慮必要ナシ。

 

とは言え、

去年はバンドゥンという街で

断食月に道端で食堂をやっている人達を排除し

勧告に従わなかったから、と食品を没収した

ということがニュースになっていた。

 

????どうなってんの???

 

今年は履違えイスラムニュースが後をたたず。

ジャカルタ州知事があっという間に投獄されちゃった、、、

 

先日は、イスラム急進グループに批判的なコメントを

フェイスブックにアップしていた女性自宅に

そのグループのメンバーら100名以上が集結して脅迫するということがあった。

「もうやりません」の誓約書を書かされその場は終わったが、

警察官が急進派にたいして適切に対処出来ていない、と言うことで解雇になった。

 

今調べてたら、そんな話がごろごろあるんだねぇ~

警察も軍も、イスラム急進グループの取り締まりができてなくて

解雇になってる。

 

インドネシアは民族も宗教も多様でありながら

穏やかにそれぞれを尊重してるところが魅力なのに。

 

 

 

えーーーっと、

で、私がプチ断食を行った理由は

断食開きの食事会にお誘いを受けたからですー。

 

 

f:id:nyonya-c:20170612101031j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20170612101111j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20170612101128j:plain

 

 

何名ぐらい集まっていたのでしょうか、

インドネシア人を中心として、バングラディシュ人と

招待を受けた日本人達。

 

これを心底楽しむには一日を断食して過ごす事

これが何よりのウォーミングアップ。

でも、飲み物飲んでたからやっぱいまいちだったなーーー

ちょっと体調に不安があるので完全断食は無理なんだけどーー

 

そして、写真を見て気付いたのですが

バングラディシュの豆のカレーと平パンがあった!!

食べ損ねてる!!!

 

ああ~~、インドネシア料理あれこれに気をとられて

ぬかった、、、

 

 

プチ断食、気持ちよかったので今日もそうしてます。

ミルクティー飲んでるけど。

 

断食月も残すところあと半分、

明けの祝祭が楽しみです。