ひとり遊びの日記 

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、遊んだお話し綴ってます

小咄

 

 

f:id:nyonya-c:20200117055233j:plain

 

 

 

この2日ばかりちょっと寒くなったけど

今年は暖冬ですね

 

でも、そう思ってのんびりしていると

突如ドカ雪が降ったりする。

何年か前のニュースで

高速で車が立ち往生して

えんえん連なっちゃってましたよね。

あれは鳥取?徳島?

 

ということで

やっと重い腰をあげ

冬タイヤに交換してきました。

今回は新調しなくちゃいけないから

ホント、腰、重かったんです。

 

 

予約日の予約の時間に行き、

料金を支払い、

受付の紙に記入を済ませ、

車のキーを手渡し、

係「車の中に貴重品などないですか?」

私「、、、あ、小銭とかはあるけど、ないです。」

係「グローブボックスの中にサプライズのプレゼントがあるとか」

私「ははは、ないです(笑笑)」

係「お金だったら弁償できるけど、高価な石とかだったら

弁償のしようがないからねー」

私「????」

係「いや、ホンマにあった話なんじゃけどねーーーー」

 

と、彼が話しはじめたのが

去年のクリスマス前にタイヤ交換に来たご夫婦のこと。

 

通り一遍の「貴重品はないですか?」の質問に

旦那さんが短く「あ!」と言って

車にダッシュして行きプレゼントの箱を持ってきたそうな。

店員達の前で奥さんは嬉しそうに

「まぁちょっと早いけどもらっちゃるわ」

と指輪?なのかしら、何か貴石のついたプレゼントをもらった、

というオハナシ。

お店の女性たちも、素敵~~、いいな~~

となっていた。と。

 

しかし、

係「男ってバカじゃけぇその箱には付箋がついとって、

奥さんの名前が書いてあったんよ」

私「????」

係「付箋付けるって他の人へのプレゼントと区別するためじゃろ?

じゃけぇ、同じもんが二つあったんと違う?」

  えええええ~~~っ?? 笑笑笑笑

 

そうなのー??そう考えるー??

「そう考えん?

女の人はそんなのもらうと、うわぁ~となって

そーゆうの考えんのかねぇ?」

いやぁ、考えませんって。

プレゼント嬉しいじゃんっっ

 

 

車屋のカウンターで

おっさんとおばさんがバカ話で笑うひと時

こーゆう、どーーでもいいような交流が

人生を気軽なものにするのね~~

 

と、最近ちょっとイヤな事があったけど

これで気分直っちゃった

 

 

そういえば、

社長の頼みで同じハンドバッグ二つを買う

秘書の役がマギーチャンだった、あの映画

花様年華だったろうか?

綺麗な映画だったなぁぁ~~

 

 

最初の写真はピザです

自分で作るピザうまい

記事とは関連ありません

 

スメン

 

 

 

f:id:nyonya-c:20200113183901j:plain

 

 

4月にバティック展がある

作品を出したいと思う

テーマはsemen

 

スメンの柄の意味を本で調べたところ

気のスメン

土のスメン

水のスメンがあり

それぞれを象徴する文様について書かれていた。

 

それってエコシステム

いのちの循環

人間と世界とのかかわりじゃないか

 

その3つの世界

どれもを描きたい

 

浮かんだデザインをざざっと描いたのが上の写真

縦型マンダラみたいな感じ

 

なんだか壮大なこと考えてる

サイズがでかくなってしまった

あれもこれも入れ込みたい柄が浮かんでくる

楽しい

が、

本当にやれれるのかどうか

おっとろしい

 

でも、

やってみたい

 

 

明けましておめでとうございます

 

 

 

f:id:nyonya-c:20200110094347j:plain

 

 

 

正月らしさのないまま年が明け

息子の学校が始まり

お弁当を作る日常がはじまった。

 

この2ヶ月くらい、ほぼ働かず、出張にもでなかったので

息子と会話する機会が増えて楽しい。

 

当然ながら世代が違うので

お気に入りの音楽や映画とかも違うけど

感覚が似ているところもあるから

「へーー、いいねーー」

と新しいことを知るのが楽しい。

守備範囲外、ストライクゾーンをすこし外れた感じがいい。

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191113184120j:plain

 

去年のわたしの誕生月の満月の晩

 

バイク連ねて廻る寿司屋へ

おごってもらいに行った。

 

幸せ自慢です。

 

シーズンだからね、

今度は牡蠣小屋ツーリングにでかけるよ。 

 

 

 

今、私のストライクゾーンにハマっているのは

Yasmin Ahmad の映画

友達がかつて勧めてくれていたのが

程なくして横川シネマで上映になった。

「タレンタイム」と「細い目」

 

マレー語はインドネシア語と似ているけれど

発音がこもってて聞きとりにくい

単語の意味は同じでも使い方が違う

英語、マレー語、中国語、タミール語が入れ替わり立ち代わりで

そうか、この国はインドネシア以上に複雑な民族構成だったのだ

と改めて思う。

 

そして、もう亡くなっちゃったYasmin Ahmadの

追悼番組をYoutubeで観ていたら

その中で、インドネシアで良く聴く懐かしい歌

Layu Sebelum Berkembang が流れたので

それをえんえんとリピート

 

そして、Youtubeにいろいろとアップされている

その歌をカバーしている人の中で

Felix Irwan という人の声が良いので

彼の他のページを開いてみれば

聴き覚えのある懐かしい曲をたくさんコピーしてる人だった。

調べて見たら、Youtubeアーティストの中で一番再生回数を誇り

収入も高い人だということであった。

 

で、Felix Irwan をえんえんとリピート

 

映画監督のYasmin Ahmad は

彼女自身とてーーもカッコイイ!!

その映像作品は生き生きと楽しく元気で

しかし、そこに複雑な国を生きる背景が絡み、

なんとも凄い味わいになっている。

言いたいことがずしんと伝わってくるのだ!

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20200110102025j:plain

 

 

これは去年なめしたイノシシ娘の毛皮です。

 

彼女のカッコ良さにも私はほれぼれしてて

この毛の流れの美しさ

自然な動きの美しさは見ていて飽きない。

 

と、いう訳で

私もひさしぶりにパーマをかけて

無造作で自由な感じのセルフイメージつくってます。

 

 

今年は、したい事をしていこう、

もっと自由に動いていこう、と

 

ハナシがばらばらなのつぎはぎになりましたが

そんな新年2020年を生きております。

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

 


Layu Sebelum Berkembang Tetti Kadi ( Felix Irwan Cover )

 

 

ジョグジャカルタ短期滞在 食べ物編

 

 

まえの記事からのつづきです。

 

食べるの面倒くさい、と言ったって

お腹もすくし、力も出ない。

手近なところですませながらも

美味しそうな店の雰囲気を見て選んで入る。

 

店といっても

食堂スペースに屋台車を置いているタイプの店、

常設型 kaki lima

これって商売始めたばかりの人には非常に合理的だよねーー

日本でもこんなのできたらいいなーー

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191228094409j:plain

 

庶民の人気の食べ物、肉団子 bakso

 

テーブルの上にクトゥパット ketupat があった。

 

f:id:nyonya-c:20191228094459j:plain

 

ヤシの葉を編んだ物にお米を入れて茹でると

中はおにぎり状のご飯になる。

 

こーゆうの、いつまでもせっせと作って欲しいなぁ~

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191228094742j:plain

 

鶏粥 bubur ayam

日本的なやさしいお粥じゃないです。

カレー的ソースがかかってる上にサンバルもかけちゃう

鶏肉は水分なくてカラッカラ

ウンピンチップスや煎り大豆がトッピングにのってて

食感が楽しい。

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191228095152j:plain

 

ソトアヤムもポピュラーな庶民の食べ物

ここは soto ayam Surabaya

東ジャワの味なので、甘くなくて美味しかった~

中部ジャワの料理は甘すぎ。

しかし、左の皿に盛ってある醤油煮のテンペなどは甘かった。

 

 

f:id:nyonya-c:20191230060413j:plain

これは別の店、

中部ジャワ味のソト屋のおかずだけど

甘い醤油で煮ているのでなんでも茶色

 

 

ソト・アヤム・スラバヤの建物は

竹で出来た簡素な造り

ではあるがアーティストの街、ジョグジャらしい雰囲気あり

 

f:id:nyonya-c:20191228095441j:plain

 

屋根の作りはこんな感じ

 

もっとしっかりした建物になるとこんな感じ

 

f:id:nyonya-c:20191228095559j:plain

 

ジャワ建築のジョグロ joglo

好きだわ~~

ここは友達に連れられて行った

田舎道に新しく出来たカフェ、夜に集うのがカフェ、

だって大多数はお酒飲まないから。

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20191228095823j:plain

 

そして、欠かすことのできない私の生命線

サラダ的一品 ロテッ Lotek!

ほうれん草、キュウリ、トマト、ささげ、もやしなどの野菜を

ピーナツ、ニンニク、唐辛子、こぶみかんの葉、

甘い醤油、椰子砂糖等を混ぜたペーストであえてあります。

唐辛子の本数はその場で頼んで自分好みで注文制

出来立て、和えたて、フレッシュです。

 

かき揚げみたいな bakwan とか tempe goreng, tahu goreng も

ketupat も切って混ぜ込んでもらうので皿に山盛り

ジーでハラルでお腹いっぱい大満足!!

 

美味しそうなのが出来るかどうかの見極めはおばちゃんの雰囲気ね!

人によって味が違うからね!

このおばちゃんは美味いもん食わせてくれそうだ、っての

要眼力!

 

 

f:id:nyonya-c:20191228100443j:plain

 おおきな石臼 cobek 置いてる店で食べれます。

 

 

夜にお腹がすいたら道端のカキリマへ

 

f:id:nyonya-c:20191228101612j:plain

 

中華鍋を七輪にのっけて炭火で料理してくれます。

メニューはどこも nasi goreng, mie goreng, mie rebus

私は断然 mie rebus 派

夜にはあったかいスープが飲みたくなるのよ。

 

 

あとはフルーツ

ちょうどマンゴの季節に入っていたので

宿に持ち帰り、

とにかく心残りないようたんまりマンゴを食べておきました。

 

f:id:nyonya-c:20191228100619j:plain

 

何キロ食べても飽きないマンゴ

酸味の残った甘くなりかけの

まだちょっと硬いのが好きだ。

 

 

 

もっぱらバティックに出かける途中で

道端にある簡素な店で食べたから

ごちそうではないけれど

こーゆうところに座って

地元の人とちょろっと声をかわすのが

ジョグジャのここち良いところ。