小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

人と会う事

 

昨日は友人とランチでおしゃべり。

Ri楽ショーツ、というふんどしパンツを製造販売している

トミーローズちゃん。

19歳の頃、東京時代の友達で、長い間会っていなかったけれど

お互い中国地方に住むことになったので

ここ数年、年に一度は会ってます。

 

バタバタいつも忙しくしていて

声が大きくてマシンガントーク

悪気なく他人の気分を害していそうな人(ごめんっ)

でも、どんな人にもやさしくありたいという心の持ち主で、

誰とでも本気で関わるいいヤツです。

 

彼女は最近のどたばた仕事関係人間模様をドバーーっと話す。

私は、相変わらず良くないものも引き寄せる人だなーー

そんな話聞くのも嫌、とか言いたいこと言い合いながら。

 

あ、合わない

と思えばすぐ関係を切る私と違って

彼女は粘り強く結果が出るまで、

あのパワフルな調子で突っ走り続けます。

 

彼女はつい先日、遠方の取引相手に初めてのあいさつに行ったのだと。

これまでは電話やメールでのやりとりだったけど

齟齬があって、仕事がスムーズに進まないので

意を決して会いにいったら、すごーーーく関係が良くなっちゃって♡

ですって。

これに要した期間2年間!!

疲れたでしょうにー、、、

 

他にも時間をかけて人間関係を切ることができた話もあり、

彼女のパワーに頭が下がる。

 

そーなんだよ、トミー電話だとその調子だから怖いけど

会えばいい奴だ!ってこと、誰もがすぐに分かるんだから

さっさと会いにいくべきよ!

と言わせてもらいました。

 

彼女はかなり特殊なタイプだけれど

会う、ってとても大切なこと。

向かい合ったその一瞬に多くのことが伝わり合う。

 

 

 

nyonya-c ゴールデンウィーク中は東京でした。

今年もまた、小川町の素敵な人の輪に加わらせてもらって

コミュニティの良さを体感したり、

久しぶりに販売をして、お客さんと売買の空気を楽しんだり、

東京で人に会って、多くの刺激を得たり、

直接人に会う重要性を

ひっしひしと感じるウィークでありました。

 

去年、都合が合わず会えなかった

インドネシア語通訳者たちにも会うことが出来ました。

そして、彼らの能力の高さに熱が出そうになった!!!

私はこの場にいて当然の人間になりたい!

ふさわしい能力を得る!!

 

ってことで、

現在勉強にハマり中。

お酒飲む気分皆無な程ハマり中。

佐藤優さんも、勉強したいから今はお酒飲みたくない、って言ってた。

(大丈夫、自分を同列には置いてません。

ただちょっと嬉しいだけ。)

 

 

会う度に、一枚ずつ購入していたRi楽ふんどしパンツですが

今回は4枚購入。

布が股間にぴたーーー、と張り付かないし

お尻の間に挟まりこまない。

流石、女性の身体のことを真剣に考えている意匠。

その名の通り、履いてて楽なことは実証済み。

夏はヤッパリこれでしょ!

 

それに、お尻のカタチが良く見えます。

うふ♡

 

 

追記:

以前、彼女と男性用ふんどしパンツの開発について話したときに

ちょっとアイディア出したんだけど、

早速それを試作して、意匠登録出願し、登録されたのだと。

この6月から実際にネットで販売されるんだって、

楽しみ~~

 

面白い事してる人が数珠つなぎに

 

広島はざんざん降り

クロスバイクに乗る気にならないほど、ざんざん、

車で若いお友達とのランチの約束に向かう。

 

彼女はいろんな事を頭の中で同時に考えてる

本人は多動だというが

ホリエモン言うところの多動力のある人。

目の付け所の面白い人。

 

京都の瞑想合宿から帰ってきたばかり。

 

 

彼女を拾って予定してた台湾料理店に向かったが

あいにく臨時休業。

では、ちょっと遠いですけど、車だから行こうか、

とナビってもらって行ったのが

店主一人でやっている素敵なお店、 liten+

 

 

f:id:nyonya-c:20180424164310j:plain

 

 

 

オイルサージンのパスタランチをいただく。

味付けしっかり系。

 

最初は日本酒を楽しむ会から始まって

店をやることになったので、

味付けがアテっぽいんです、とのこと。

 

 

f:id:nyonya-c:20180424164730j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20180424164757j:plain

 

 

 

シェフ一人でやってるから

普段は忙しいそうだが

今日はざんざん雨、

お客が少なく、食後は貸し切り状態に。

私達にとってはラッキーの雨。

 

 

ランチを美味しくいただいた上に

おしゃべり付き。

店主はかつて15年間デンマークで家具の仕事をしていた、という方。

道理でお店の内装もちょいちょい素敵だ。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20180424222351j:plain

 

 

床は足場板を利用したもの。

こーゆう武骨なの好き。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20180424174301j:plain

 

 

狭い空間に奥行きを出すためだと言う、

電線にとまった小鳥の絵の

不思議なパースペクティブ

 

 

しばらく、あちらの建築物のこと

映画の中に出てくる場所のこと

などなど、へーーーっ、なお話しをして下さる。

 

ヨーロッパへ行く前は

お堅い仕事をされていた、っていうんだから

なおさら、へーーーーーっ、だ。

 

 

人生、紆余曲折ある人はあるんだなーー

んでもって、素敵な現在があるだなんて

面白いこと雪玉転がしな人っているのねぇ~。

 

面白い人は面白い人と

繋がってるのね~~

 

今日は充実したお昼だったわ。

 

 

私も紆余曲折だけは負けないけど

まだまだ、面白くなる途上。

転がす雪玉がたびたび欠けるもんで、、ははは

 

 

 

土砂降りのおかげで

行く予定でなかった店で

普段聞くこともないであろう話をきいて

なんか、面白い事したくなって

うずうずしてきた。

 

 

明日から、東京へ行きます。

面白い事にぶつかりに、ぶらぶらしてきます。

 

 

我が領土を耕す春

 

今年の春は

nyonya-c絶好調です。

 

朝から鍬をふり、

畑づくりに勤しむ。

 

ウッドチップの入れ過ぎで

気持ちの悪いきのこ畑と化していたが

どうやら土のバランスが戻ったみたい。

もみもみするとふかふかしてて

いい感じ。

 

2年前の畑はこんなだったからねぇ~~

絶望しましたよ、、、

 

f:id:nyonya-c:20180421195902j:plain

 

 種を蒔き、

芽の出るところまではいくのだけれど、

本葉のでる頃には葉にブツブツと穴が開き

ほとんどの野菜が自滅していってしまったのでした。

 

 

今年も、まだ芽が上手く育たないようなら

油粕入れてみるかな。

 

箱罠周辺にちらばった

古い糠が固まりになっているので

それを畑に移して乾かしています。

これも、土のバランス改善に良さそうな気がする。

 

山腹の段々畑なので

暗渠掘って、畑を高く盛って

排水を考えた高低をつけた畑づくりを心掛ける。

 

 

川に小さな滝つぼを作った。

 

 

f:id:nyonya-c:20180421160341j:plain

 

 

農作業で汚れた手袋を洗うところ。

今年は収穫物を洗うこともできるかなぁ~

 

 

休憩のおやつはヨモギの天ぷら

 

f:id:nyonya-c:20180421160531j:plain

 

京都の百万遍さんで買った

作家さんのお皿で。

 

この人のコーヒーカップもお椀も、

すべてとても好みだった。

土物で、ふちの薄くなっているところがツボ。

 

荒い素材の繊細な仕上がり。

 

 

 

猪、駆除期間に入っていますが

なかなか準備整わず。

 

上記の散らばった糠が

じとっとした嫌な環境を作っているので

堀り集めて、新たな土を入れている最中です。

 

いい匂いの土でお迎えしたい。

 

と、領主は考える。

 

 

 

 

ひょんなことから骨を扱う人と

知り合いになりました。

 

人間の骨ではないです

念の為

 

いろんな仕事があるもんだなぁーー

 

私もイノシシの解体をするようになってから

身体の働きと骨の形の関係

のようなことに興味を持ち始めたので

是非、お仕事覗いてみたいと思っていたのだけど

チャンス到来!!

先日、骨を取り出して洗浄する、という作業に加わってきました。

 

写真をネットにアップしちゃいけないし

詳しく書けないのだけれど

嬉し楽しかったので、書きたいこと書く。

 

 

と言っても

書けることはあまりなく。

骨の造形って面白いなぁ~~

と言う事ぐらいかしら。

 

特に耳まわりの骨が魅力的で

どこか、砂漠の洞窟のような

うねりと質感と色

吸い込まれるような美しさでした。

 

写真だせないのが残念ですが。

 

 

ジブリ映画の「風立ちぬ」を以前見て

気に入ったシーン

サバの骨

堀越二郎に骨の造形の完璧な美しさについて

言及させているところがツボ。

 

 

面白い事に出会う運が強い

自分の人生に感謝