小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

今日もまた

 

かかってました。

 

どうしたん?

あまりに吞気じゃないの?

調子にのりすぎた?

 

しかし、子連れのイノシシ、

カサブランカと花壇を荒らした奴らはまだ捕れてない。

 

M氏はしばらくしたらくくり罠も仕掛けると言う。

けれど、くくり罠は怖いよなー

君達、箱罠の方にかかってくれないかしらん?

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171117082110j:plain

 

期待

 

朝ごはん作っていたら人影が、

M氏、罠をかけに来た。

本日、11月15日狩猟解禁なり。

 

ホント、この夏はイノシシに嫌がらせの一つもできず

野放しやられ放題だったからね。

この恨み、なんとか晴らしてやってください!

M様!!

 

 

f:id:nyonya-c:20171115092510j:plain

 

私の持ってる駆除許可は10月いっぱいで切れちゃったけど、

箱罠の入り口にはせっせと糠まいて

おびき寄せはやってたのさ。

 

上の写真で、外側の糠がキレイに食われてるのが分かりますね。

中にまで鼻突っ込んで、はふはふした形跡あるね。

 

「あっこまで来とるんじゃけぇ、入るじゃろ」

そう簡単に行きゃぁいいけどね、M氏よ。

しかし、狩猟期間は始まったばかり、

私の仕事はすっかすかで出かける予定も無し、

注力しますよ!

 

 

 

 

先日の旅行中

友人の、そのまた友人の田んぼの稲刈りと芋ほり手伝いに行った。

そこの旦那の話では、電気柵は有効だ、とのこと。

 

じゃぁ、電気柵設置してみるかなぁ~

 

ネットの情報では

剛毛なので、鼻が触れない限り電気柵は効かない、とか

草が電気コードに触れた状態になると漏電してしまいショック不足になる為

まめに草刈りしないといけない、とか

やる気を奪う事ばかり書かれていたけど、

 

知り合いの「電柵、効くよ」の一言で

ぐぐっと心が振れる。

 

母屋の裏がひどく掘り返される

多分、イノシシ一番のお気に入りの場所なのだが、

かつて祖父はここに里芋を植えていて

とってもおいしい芋が出来ていたのだ、と繰り返し聞かされている。

電柵巡らせて、ここに里芋植えたいなぁ~~

 

岩手で買った里芋が美味しかったので

いくつか種イモに、と持って帰っているのだ。

 

 

イノシシが捕れて~~

里芋も採れて~~

猪の芋子汁なんて薪ストーブにかけちゃって~~

期待膨らむ♡

 

東北の旅 ~岩手編 タイマグラ~

 

目指すタイマグラ早池峰山登山口を超え

まだまだ行ったところ。

 

 

「信号も家も対向車もないから」

タイマグラは日本で一番最後に電気が通ったところだから」

と、聞いてはいたが

何度か「ここは何のために敷いた道路なの?」

と、聞いてしまう程

山の中に延々と舗装道路が続く。

 

しかし、この道も登山シーズンの週末ともなれば

車だらけだというから信じられん。

 

岩手紅葉ドライブツアー

なんの木だろう?

広葉樹ばかりでなく針葉樹も綺麗な黄色になっている。

山全体が紅葉してオレンジの三角が連なる。

 

 訪れる前日まで台風が来ていたので

だいぶ紅葉が散ってしまった

と、友人は残念がってくれたのだけど

それはそれでカラフルな落ち葉のじゅうたんを残してる。

 

 

しかし、

登山道入り口に近づくと

道が凍りあられが降るという天候急変!!

冬の入り口の気分も味合わせてくれた早池峰山

 

運よく凍結は数100m程で車が滑ることなく

無事ちほさん宅に到着。

確かにすごいところだったね。

 

 

 

かわいらしいやかんがのった薪ストーブ端で

カスタードと山栗のダブルクリームシュークリームをごちそうになる。

持つべきは顔の広い友人

ありがたや~~

 

かねてより、ちほさんの話を聞いていたので

ブログチェックして

その手作りの暮らしに感嘆していたのです。

 

たまに森へ行く、んじゃなくて

暮らしてる、んだからね。

 

 

f:id:nyonya-c:20171112082707j:plain

 

 

ここのストーブも時計型!

いや、たまご型というのかな?

兄弟じゃん。

 

ストーブのこと、古道具のこと、ここでの暮らし

竹もイノシシもこの辺りにはないものだったそうだが

ちほさんの畑にもイノシシが出るようになったのだと!!

柵はしたくないけど、しないとしないとやられる

ど~しよう~~

やはり頭を悩ましているそう。

 

 

f:id:nyonya-c:20171112091625j:plain

 

ちほさんの作った小屋。

以前、機織りをしていたのでその道具が置いてあるという。

で、布作りの話になる。

布、作るの大変だよねーーー

でも、いつかまた再開したいよねーーー

 

 

話は尽きないが旦那さんの工房も見たい。

桶正さんという桶職人なのだ。

以下、工房写真

 

 

f:id:nyonya-c:20171112084503j:plain

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171112084623j:plain

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171112084711j:plain

 

桶を作るための道具が

工房の奥にびっしり並ぶ

はぁーーーーー、、、いい光景

見飽きん。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20171112084821j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20171112084853j:plain

 

 

この桶はどこそこの祭りの注文によるもの、

てみは桶正さんのコレクションなのだが

地方によってこれこれの違いがあって面白い

呼び名も地方によって違うね、とか

いろんなお話および説明してくれていたのだが

物を見るのと写真撮るのに気を奪われ覚えておらず。

 

最近できたのが味噌桶、

と見せて下さったので、

それを下さい、と言ったところ

やはりそれも注文の品なので送り先があるのだという。

 

なんで、同じの注文しました。

この冬は杉の桶で味噌仕込んじゃうよ。

味噌作りはまだ2回目だし

いきなり木桶、やばいことにもなりそうですが

楽しみじゃーーー

 

 

f:id:nyonya-c:20171112085811j:plain

 

作業場を出て行った飼い猫がちゃんと家に戻ったかな?

と、心配して顔を出す桶正さん。

この方が作った桶

ね、使ってみたくなるでしょう?

 

 

帰り道にはタイマグラを見渡せる場所で写真タイム

 

f:id:nyonya-c:20171112110300j:plain

 

 

 

広ーーーーい牧場を通ったり

 

f:id:nyonya-c:20171112110343j:plain

 

 

民話の里、遠野の村を通って車窓観光。

土地と建物の関係がとてもいい。

どの家にも小屋があって、

トタンで囲われた倉庫、それだけ、の風でなく

広く窓をとっている。

その窓の感じが印象に残る。

 

 

 

岩手って土地がのびのびしてる

雄大

これはバイクで走ると気持ちいいよね、

寒くなければ。

 

 

友人とは 

車中あれこれとりとめのない話をしたけど

がっつりのんびり工房へ立ち寄るってのはお預けで。

めんこい奥さんとも、もっとおしゃべりしたかったのに、

ちょっと岩手の旅、欲張りすぎたかな、

 

ま、いいや、いつかの次回に

楽しみとっておこう。

 

 

 

若いころ、お互い何者でもなかった頃に出会った友人って

嗅覚だけで、面白い奴、って印象に残ってる。

 

そして、そーゆう奴は20年たった今でも

やっぱり面白く生きてるし、

結構自分のしたいことで食べてるんだよね。

今、周りを見てみれば。

 

あ、私は相変わらず、何者でもないけど、、、(汗)

 

これにて東北の旅はおしまい。