いちの木の小屋と山

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、いろいろやって生きてます

タケノコ蹴り

 

 

ぼんぼん出て来るタケノコ

 

竹林があるのは谷

礫が多く

しかも普通の鍬でタケノコを掘り出すのは大変。

 

 

それでもどのようにタケノコが地下茎についているのか見たい。

まるまる掘り上げてみたくて

掘ったゼー

 

 

f:id:nyonya-c:20210422055411j:plain

 

ハー ハー ゼー ゼー

ハー ハー ゼー ゼー

 

この場所が礫が多いのです。

イノシシが掘った穴にも

掘り進めたものの掘り出せずにあきらめたらしい

取り残し穴なんかもあった。

 

こういう礫の多い場所は

山が崩れる場所だと

作業道作りの講習で聞いた。

ま、谷だもんね。

 

確かに豪雨時は水が出て

数日はちょろちょろと水が流れ続けていたもんなー

 

しかし、水が豊かだという言い方も出来る。

ここに生えるタケノコは太い

そして、多分おいしい。

いのししがせっせ せっせと掘って

小さいうちにほぼ食べつくしちゃうもん。

それでも竹林の体裁がある程度には

新しい竹が生えて来る。

 

イコール竹林管理してくれてるとも言えよう。

 

ということであれば、

私の担当は尾根を越えた辺り

竹が新規開拓地を求め広がって行くところだな。

ここは広葉樹の雑木林

竹撲滅集中管理地域です。

 

 

f:id:nyonya-c:20210422054246j:plain

 

 

こんな感じでひょこひょこ

顔出してます。

 

どうやら、まだ地中にあるタケノコは美味しいらしく

猪が結構深い穴掘って食べてるんだけど、

こうやって地上に顔出したら味が落ちるのかな?

イノシシにいたずらされた様子が見られません。

 

 

以降、この体力消耗度合いでは

タケノコ掘りは続かないので

タケノコ蹴りに徹する

 

長靴で周辺の土をどけたら

後ろ足で 蹴る!

近場の木に捕まって体勢を安定させて

良い角度で 蹴る!

 

 

f:id:nyonya-c:20210422055724j:plain

 

ということで、19個採れました~~

この鍋2杯分です。

 

竹の領土拡大は抑えられるし

柔らかくて汁物に美味しい穂先だけ集められたらいいし

タケノコ蹴り

いいです。

 

根元近くもまだまだ美味しいので

次回、掘りやすいところのは

炒め物用にもう少し下から採ろう。

 

まずは

ホームセンターで竹の子堀り用の鍬買います。

 

 

まんぼうの最中

 

 

ちょっと前の話しになってしまったけれど

まんぼう出てすぐ大阪行ってました。

 

タイトルはコロナギャグを記録しておきたい

と言いつつの、ウケ狙いの言葉遊びです。 

スンマセン

 

このアホ臭さにワル乗りしないでいられるもんかいな。

 

 

 

日本に一時帰国したらコロナで足止めをくい

インドネシアに戻れなくなった友人に会いに大阪へ行く。

 

まんぼう怖いので万博公園をぷらぷらしておしゃべりして

友人が持って来てくれた美味しいお店のサンドイッチ食べて

友人の友人が並んで買ったという

赤福のさくら餅食べて。

まんぼうの最中じゃなくて、(しつこいぜ)

 

桜の香りとやわらかな甘さの至福を喜びながら

リアルに人に会うことは何よりの刺激だと実感する。

自分の中に沈殿していた考えが

ぽっこり浮かんできて、言葉になって出てくれる。

 

 

f:id:nyonya-c:20210411082755j:plain

 

 

天気が良くて 太陽の塔が大きくて

太陽の塔見れたのは良かったなー

あのでっかさは

その存在だけで意識を変える力あるな。

 

しかも桜は満開で 

たくさんの人が公園を楽しんでいた。

うーん、田舎もんの目にはとても人出が多いと映ったよ。

 

食後にコーヒー買おうと園内のカフェに入ったら

、、、座席スペースについたてが、 一切、なかった、、

 

友人についたてがないよ!と言うと

ついたてって何?との反応。

座席間と対面間ににわか設置されたアクリル板、

レジとわたしらの間にあるみたいなの、ないよ!

と重ねたところ、

え?そんなん見たことないわ

広島じゃそうしてるの?とのことでした。

これじゃあマンボウ出るわ。

 

飲食店やってる人は、まんぼうが出るので

直前にアクリル板買いに走ったらしいな、とのこと。

 

(でも昨日、人に会うために広島の街中のカフェに行ったら、

そこにも衝立はなかった。

自分がファミレスにしか行ってないから知らなかったけど、

雰囲気重視の店はコロナ蔓延軽視なのだね。)

 

 

みんぱくには朝一回、友達を待つ間と

一通り喋ってお昼ご飯食べた後一緒にもう一度入った。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210411082906j:plain

私のむかしの夫さんはこんな感じの絵を描いてたなー

 

 

f:id:nyonya-c:20210412084450j:plain

トラジャの家

こんなデカい物の展示が楽しい

ダブルアウトリガーカヌーの実物展示が良かったが写真撮り忘れる

 

 

f:id:nyonya-c:20210411082931j:plain

 貨幣の出現に興味あり

 

 

f:id:nyonya-c:20210412084920j:plain

籠 籠 籠

こんな存在感のある籠バッグが作りたかったのだった

と、思い出す

 

 

f:id:nyonya-c:20210415091122j:plain

青い皿

素敵 素敵 素敵

 

 

f:id:nyonya-c:20210411083030j:plain

穴掘って石敷いて豚の丸焼きの模型

こんなのをやってみたい

 

 

f:id:nyonya-c:20210411082957j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20210417080227j:plain

武器を溶接して作られたオブジェ

何重にも社会的意味合いのある

力強いアートであった。

 

興味深い物沢山あり過ぎて 

ビデオとか座って観る余裕はないよー

 

一応なんとか満足したが、

泊りがけで数日かけてだらだらと巡りたい

飽きるまで。

 

 

開園から閉園まで万博公園を楽しんだ。

あっという間だった。

 

f:id:nyonya-c:20210412081707j:plain

 

 

 

この後、丹波篠山へ移動し

お堀を囲む提灯が幻想的な駐車場にて車内泊

 

翌朝、車にのっけていたクロスバイク出して

街をたらたらと走る

 

f:id:nyonya-c:20210411083204j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20210411082607j:plain

 

何処へ行っても さくら 桜

風に桜の芳香が漂うさくらづくしの丹波篠山

 

 

昼には京都県境付近で

また別の友人を福知山線の駅で拾う。

 

私達はノー下調べのノープランだったので

一緒の電車から降りて来た

ベトナム人の若者グループについて行ってみたら、

川沿いに大きな桜並木のある

素敵な遊歩道に着いた。

 

 

f:id:nyonya-c:20210411083232j:plain

 

 

川沿いの桜並木は相当年季がありそうで

幹も枝も、その伸び動きに躍動感があり

見応えあり。

これは良い所に案内してもらった。

 

 あてもなくただただドライブ

途中見かけたサインを曲がってみる。

せせらぎの里、と書かれていたと思う。

 

 

f:id:nyonya-c:20210417082120j:plain

 

 

f:id:nyonya-c:20210417081543j:plain

 

川沿いに遊歩道が整備されていて

ドライブ疲れを癒すお散歩に丁度良い。

そこにあった神社の杉の木は

どれも太く 高く

どこーーんどこーーんと天を衝く勢い。

そんな場所にいると

いるだけで感覚が解放される気がして、

何かを恐れるような気にもなって

清々しく気持ちいい。

 

 

 

もう一泊、パーキングエリアで車中泊して

鳥取県智頭にあるパン屋さんタルマーリーへ行く。

 

f:id:nyonya-c:20210412081628j:plain

 

 

あんまり遠いから

何度も、やっぱやめようかなー?と思ったけど

行って良かった。

 

おいしくって

パンの概念が変わった。

 

何味の、という話とは別次元の

その場に、自然にある菌が働くことでものが発酵する

もともとあった食べもののはじまりみたいなこと、

そういうの興味あった、ってこと思い出した。

 

あー、まだ味噌仕込んでないー

 

日々に流されていろんなこと忘れてるもんなのねー

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210411083311j:plain

 

今回はこうやって、後部座席にキッチン作って

家から持って来た食材で雑炊作ったり

コーヒー飲んだりが楽しかった。

安全そうな場所に駐車して、

助手席ばこーんと倒して寝袋で寝るという

車中泊の旅でした。

 

マーチでも十分イケる

これは楽しい旅の方法発見した。

 

次はどこ行こう~

 

 

 

 

春 来ました

 

 

花粉が怖くて外仕事ができない

しかしゴミ捨てに出れば

目の端に入る春のあれこれ

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210309051122j:plain

 

畑の際に何年も前に植えたクロッカス

毎年春を告げる

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210309051327j:plain

 

こいつも来始めたか

 

猪の足跡

 

 

f:id:nyonya-c:20210309051431j:plain

 

 

狩猟期間が終わったので

箱罠の戸は閉じられている

 

すぐ近くで早堀りタケノコを食されたご様子。

 

ちょっとぉーー

これって市場価格高いやつなんじゃないのぉーー?

と言う事を最近知って

竹林整備に興味を持ったばかりです。

 

最近、YouTubeで竹林系動画見ています。

タケノコ農家さんから竹害に困って竹刈る動画まで。

なんか、細いのが密集して生えてて

管理が大変そうなんですね。

 

もしかすると、うちの場合、

イノシシが良い具合に竹の間引きをしてくれてると

考えることが出来るかも、 しれない?

 

一応、ある程度タケノコも食べれるし

猪の肉も食べれるし

竹の繁殖も抑えられるし

良い面だけ見ればかなり良い

 

 

f:id:nyonya-c:20210309052646j:plain

 

今、こんな状態

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210309052910j:plain

 

フキノトウ出てた

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210309052941j:plain

 

美味しい味噌買いに行こう

 

ああ、味噌、仕込まなきゃ

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210309053113j:plain

 

去年はじめてアスパラの種蒔き成功する。

 

最初はディルみたくほわっとした草状態なのね、

それが、少しずつしっかりしてきて、茎が育って、

冬に枯れてからそのまま放置していた。

 

 

f:id:nyonya-c:20210309053652j:plain

 

きれいにしたら

頑張って芽を出していたよー

 

 

花粉がそれ程でもなさそうなので

山に入る

 

 

f:id:nyonya-c:20210309053820j:plain

 

わー 栗の枯れ木からキノコが群生ー

妖し気な硫黄色

ググった感じじゃニガクリタケですね、

毒キノコです。

 

 

 

どうやら

まだ春は始まったばかり、

一斉に、まではまだ猶予あり。

 

そして調子に乗って外で過ごしていたので

案の定、

連発くしゃみに目が痒痒な一日でした。

 

 

 

猪の肉の部位とそれに合った料理

 

 

初めて自分の縄張りでイノシシを捕り

解体して料理したのは2015年の暮れ、

であったらしい。

 

その後これまで何度もいろんな猪料理を作ってきたが、

肉の部位の特徴を把握するまでには至ってはいなかった。

 

まぁ~脛とかアバラとか好きな部分は気にしてても

他の部位は大雑把に

お肉、としてしかとらえてなかったのね。

 

今回初めて部位と肉質に着目し

それに合った料理・保存方法などを考えてみました。

 

 

 

スペアリブ

 

f:id:nyonya-c:20210202082745j:plain

 

これはアバラ骨一本ずつ切り離してマリネードしているところ。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210212061152j:plain

 

庭にホンマの薪ストーブを出して焼きました。

 

こーゆうの、イベントとしては楽しいんだけど

火加減が難しくて、焼けないか、焦げちゃうか、どっちか。

また、アバラにへばりついた肉も薄かったしな、今回。

 

 

nyonya-c.hatenablog.com

 

この時みたく、するりと骨が抜けるまで

ある程度塊で煮込むのがよろしいかも。

 

いずれにしても

お味がよろしいです、スペアリブって。

 

保存には、圧力かけて柔らかくした後に冷凍するのが

後日調理に使いやすくていいですね。

そして、ビジュアル的には

骨がついたままの状態が素敵かな。

冷凍庫に余裕があれば。

 

燻製保存も出来るようになりたい。

あばら骨を丁寧に切り取って

でかい一枚もののベーコンを作る。

という野望も持っています。

それに見合った個体が捕れたら。

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210307134631j:plain

 

大鍋でぐらぐら湯を沸かし、茹でて灰汁が出たら

その湯は捨て、骨は水で洗い、新しい水を足して圧力鍋にかけ、

適当なところで火を止め、

ざるに手拭いを重ねて濾して、スープを取りました。

 

そのスープは適当な量に分けて冷凍保存しました。

 

肉周りにまだ少々ついている肉、骨髄、

そして、軟骨♡といった美味しい所は指で外して取り除き、

辛子味噌あじで調味してジップロックに入れて冷凍保存。

コンビーフみたいなかんじ。

キャベツ炒めとかに加えてちょこちょこ使ってます。

 

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210305131952j:plain

 

mangokyotoさんの記事でローストポークを低温料理する

という記事を読み、いたく食欲刺激され、

ローストポークには腿肉が向いているらしいので

モモ塊を適当なサイズに切り、

適当な調味液に漬け込む。

 

ジップロックに入れ、空気を抜いて

湯の中に沈めて低温調理するという。  

温度管理が面倒臭そうだけれど、

世間では炊飯器調理方なんてのがあると知ってトライ。

 

しかし、

えぇーー??炊飯器の保温で60~90分???

とても生過ぎるのですが、、?

 

多分、とってもレアなローストビーフが好きな人には

良い調理法だろうけど

豚はヤバいでしょう~、ましてやイノシシは、

 

IHクッキングヒーターの保温機能が80℃キープだと言う事に気が付き

このモードで適当に加熱して仕上げました。

 

 

 

f:id:nyonya-c:20210307140616j:plain

 

ローストイノシシ

ハニーマスタードソース

 

火の通り加減をちょこちょこ味見で確認しながら

加熱を進めていくと

食感と味が変化する一瞬がある。

加熱の塩梅が美味しさを左右する!

 

味なんて後から足せばいいけど

火が通り過ぎて肉がパサついちゃったらもう後の祭り。

 

これはっ!!

チャレンジ魂を燃えさせる料理ですね!

低温ロースト調理というのは!!

 

次回はジップロック使わず、

蓋つきの入れ物に肉を入れて

二重鍋にして蒸し茹で、プリンみたいに、

保温時間90分くらいで再挑戦するつもり。

 

 

 

背ロース

 

生肉の写真を撮り忘れたので

一気に調理済み写真へ

 

f:id:nyonya-c:20210307141244j:plain

 

 

腿肉と同様の調理方法にて叉焼作りました。

漬け込み液はにんにく、生姜、醤油、オイスターソースなどの

なんだか中華な感じの混ぜ物です。

 

先に紹介したスープに

叉焼も作ったもんね~~

とくれば、その結合は当然!

 

 

f:id:nyonya-c:20210307141701j:plain

 

猪ラーメン

キマッタ!

すっごいおいしかったです!!

 

 

 

頬肉

 

f:id:nyonya-c:20210307142756j:plain

 

私の苦手な、

しかし脂身好きさんが喜ぶ頬肉。トロ部分。

薄切りにするとこんな断面です。

 

この写真でクジラの脂身思い出した人が

「さっと茹でて辛子酢味噌つけたら美味しいかも」と言ったが、

猪のさっと茹ではヤバイかも?

 

しかしせっかくのゼラチンはいただきたいので

レバーと切り落とし肉と共にチョッパーでミンチして、

テリーヌにしました。

 

 

f:id:nyonya-c:20210307143204j:plain

 

おいしい♡

成功

次回からこれにしよう。

 

あーー、見ただけでワイン飲みたくなってきた

 

冷凍むき枝豆、人参、ドライトマト、玉ねぎ、セロリ

とか混ぜたのだと思います。

 

 

 

 脛とか肩とか

 

脛は好きな部位なので

普段は骨付きのまま圧力→味付け→グリルという

ギャートルズ風料理にしています。

 

 

f:id:nyonya-c:20210308082025j:plain

 

いつもならこんな感じ。

(これは2016年の写真です)

 

今回はたくさん料理して疲れちゃったんで、

骨取って骨はスープに、

肉はころころに切って圧力かけて冷凍保存にしました。

 

 

f:id:nyonya-c:20210307195102j:plain

 

今夜はこれを解凍して使い

ポトフにしました。

 

 

 

 

今後

 

f:id:nyonya-c:20210308080837j:plain

 

 

上の写真はかつての作、皮から作った水餃子、

水餃子が大好きです。

そういえば猪の餃子って作った事なかった!

 

とりあえずで冷凍保存していた塊肉を

チョッパーにかけて、

ニラ、青ネギ、生姜とか薬味だけ刻み入れ

(にんにくは混ぜ込まない主義)

厚めの存在感ある皮で包んだ水餃子作りたい。 

 

 

水餃子食べたいです