いちの木の小屋と山

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、いろいろやって生きてます

正月一日の餃子

 

 

 

明けましておめでとうございます

 

初日の出を見た後らしい

山を下りていく人を見ながら

かまぼこ切ったり 鯛焼いたり

今年もなんとかお節らしいものをいただきました。

ヤレヤレ

 

 

お昼には味噌づくり。

時間のある時に何日かかけてちょっとずつ煮た豆を

いよいよ柔らか~くなるまで煮あげて

チョッパーでつぶして麹と塩と合わせて

 

 

ホーローの入れ物に入れて 重しをして

カビ防止にワサビ入れた小皿をしこんで やっとこさ

 

本当は素敵な木の味噌樽持っているのだけど

随分使ってなくて隙間があいちゃったので

タガを締めなおすか何かしなくては、なのです。

 

豆も麹も買い置いていた古いものだけど

ちょっと舐めたらすでに美味しい

もっと美味しくなーーーぁれ!

 

 

味噌づくりに使ったチョッパーをそのまま

イノシシ肉のミンチ作りに使う。

 

 

冷凍保存していたイノシシばら肉を半解凍して

スライスしてからころころに切って、

 

 

 

チョッパーでミンチに。

 

イノシシだけでは食感が硬いかも、と思ったので

スーパーで買った豚ミンチと合わせて

キャベツと干し椎茸をみじん切り

青ネギ、ニラ、そしてハーブなかんじで大根葉もみじん切り

塩コショウ、オイスターソースに紹興酒どばどば

ぷりぷり感増しのために片栗粉も入れて

干し椎茸のもどし汁で合わせて

皮で包んで

 

 

 

焼き餃子 百十個作りました

 

ミラーレス一眼の使い方へったーーだわー

写真は美味しそでないけど

美味しゅうございました。

 

肉の脂が甘いとはこのこと!!

 

イノシシ肉ミンチ、いろんな料理に使えるな、

そういえば以前ほほ肉のテリーヌも作ったのだった。

肉ダンゴ作りおいといたらシチューやトマト煮や

いい出汁が出てすぐ煮えてくれるし

いつもの料理がちょっと楽になる。

 

 

やれ、2023年が始まった。

なんだか元気にやれそうな感じ。

ちょっと寝た後に降りてきた言葉が

「 突き抜ける 」

 

そうか!そうだね!これまでの3年間は

コロナ休憩をいいことに、いろんなこと溜めこむ期だったけど

停滞期でもあったから、

突き抜けてこ! 今年は!

 

どこに向かって?かわかりませんが

目の前にあること片付けながら

どしどし前進 膜突き破り 突き抜けてく所存です。

 

 

今年もよろしくお願いします

 

 

 

2022年が終わるのでつらつら書いてます

 

 

 

 

 

ランニングシューズ買いました。

だいたい寒くなると朝ランニングの習慣が戻るんだけど

今年はまーーったくその気がなくて、

残すところあと数日でやっと走る気になった。

 

走って帰って来て

薪ストーブ点けて

朝ごはん作って

一日のペース作ってこー

この数か月フォーカス合わない感じだったから

時間と行動で縛り作らんとな

 

花粉が飛ぶまでの短い間だけの習慣だけど

やらんよりはるかに良い。

走り始めてまだ3日、

身体がしまると気分もしゃっきりする、

あの感覚よもう一度!のために続けよう。

 

 

 

 

走る時に意識しているのはヒレ肉。

そこから股関節との繋がり

そして左右交互に前に降り出される内腿。

こうやって想像しながら走ると内臓がだらりとせず

腹腔のいい場所に収まって体幹がしっかりする、

気がする。

 

解体時のイノシシの腹の中を思い出す。

自分の体の内部の想像に繋がって役に立つ。

具体化できて捉えやすくなる。

 

それから足が着地する時の5本の指。

しっかりと地面を掴んで放す感じ。

 

身体の足先から首後ろのぐりぐりまでが

紐で繋がった操り人形みたく

ひとつの動きがぐにゃんと全体に広がる感じ。

そーゆうイメージしながら超スロージョギングしてます。

 

正しく体を使って細部を意識して

ちゃんとした体に育てようとしているから

若い頃より体が良くなっていると思います。

表面はしぼんでるけど。

 

 

 

 

写真をパソコンに保存するのに

いつもと違う手順ふんだらフォトが立ち上がり、

コレクションに全部の写真が並んでた。

(今頃知ったわ)

随分昔の写真からずーーーっと見てたら

いやぁ~~ こんなあれやこれやをかいくぐって

生きてきたかー

生き延びたーーの感、ひしひし

ちょっとした人生の棚卸

 

コロナの3年間を仕事ぽつぽつしながら

畑や山の野良仕事をどっぷりやって

面白いと思った集まりや人に会いに行くこともやって

でもなんとなく暮らせている。

子供も成人して肩の荷がどおーーーーんっっと降りた。

 

コロナ社会も自分の人生も一段落した様子なので

来年は新しい仕事作ってみます。

長く生きてきたこれまでの縁をあれこれ繋げて

くっつけてできる寄せ集めで出来ること。

 

 

今年のクリスマス寒波は桁違いでしたね。

しかし、火が燃えていれば全て大丈夫だと思える。

火を燃やすことのできる暮らしは大切。

ストーブを焚く木と自分の口に入れる食べ物を

住処のそばから調達することも大切。

少しでも出来るだけ自給。

 

 

山籠もりしてるけど

同時に今の社会の流れにも乗っている

2023年はそんな暮らし方探していこう

と思っております。

 

 

皆さま今年もいろんな記事をありがとう。

来年もよろしくお願いします。

 

 

 

さて、これから、どうしよう

 

 

 

小屋の前も積もりました

 

昨日から雪の予報だったから

家から出ないつもりではあったが

出れないかも?というほど積もりました。

 

歩いて出かければ大丈夫だけど

車は出したくない積雪量。

 

歩けばきゅっきゅ きゅっきゅ と音がする

よく積もるタイプの雪で ちょっと興奮して

竹林の方まで歩いてみたら、

竹林の景色がきれいだった。

ここに露天風呂なんて作ったらいいねー

 

 

 

 

灯油ストーブを引っ張り出してきて

久しぶりに小屋の片付けしてみたりして

 

夜はzoomでお話し会に参加する。

地元の物づくりを支援しながら

複合的な仕事場づくりをしている方のお話し。

 

センスがあって行動力もあって実現したこと獲得したことレベル高し。

人物も面白し。

人の上澄み集めて形にするんでなく、一から作る猛者である。

「地域から世界へ発信する」とか言うとありきたりで臭いけど、

いや、ホントにそれだから、まんまそうやっちゃってるから!

な方の盛りだくさんライブのお話しに

脳みそキャパオーバーで固まってまう。

質問できんかった。

 

遠くまで伝わるけれど規模は小さくて手の届くことだけしてて

真似するべきところは多い、はず。

田舎に引っ込んでるけど世界からお金を引っ張ってくる仕事。

そんなことを企んでみる。

 

 

いい加減、世の中がコロナモードやめて

動くつもりらしいので、じゃ、わたしも波に乗らんとなー

と思うけど重い腰上げる、上がる感じがしなくて

さて、どうしましょう?

 

考えても考え進んでる感じがしないので

目の前の片付けはしてます。

 

 

今年も残り一週間かーーーー

 

 

 

 

キャパオーバー

 

 

 

ブログ出すの、すごく久しぶりだと思ったけど

この投稿はひと月ぶりみたいです。

書いてみたけど完結せず、はよくある。

 

日々楽しく過ごさせてもらっています。

 

畑や山の変化を見回り冬支度、箱罠やって

沢山採れたかぼちゃが傷みだしたので

全部レンチンして冷凍保存

猪4頭続けて捕れたので解体に数時間かかるからそれで疲れて

その後の肉の保存と調理に数日費やしてくたくた

冷凍庫パンパン

自分の衣も冬物出して、でも半袖しまわず

秋は重ね着するのでいろんな服がハンガーにかかったまま

いろんなもの出しっぱなし重ねっぱなしでがっちゃがちゃ

仕事ぱらぱら

 

その上に、お出かけしたり人に会ったり講習参加が続く

これがまた充実しまくりの内容の濃いものばかりなので

まず摂取しといて後で咀嚼しよう、と思うのだが

しっかり振り返る時がないまま

次の面白いことに移っていく、

このあわあわしてる感じが気持ち悪い。

 

私には隙あらば座ろう休憩しよう後ろ向こう

という習性があるようだが

ひとつずつでないと物事を次へ進められないからだと思う。

それでも、楽しいんだから、ついあれこれ予定を詰めてしまうんだなー

 

 

私をキャパオーバーにしたあれこれ

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんのお話しか、というのは書けそうにないので

写真列挙しておしまいだけど

それぞれ沢山のことを私にもたらせてくれました。

 

そんなこんなでもう12月も半ば

もうすぐ朝の5時