いちの木の小屋と山

昭和~~な小屋をリフォームしたり、山やったり畑やったり、猪捕ったり、いろいろやって生きてます

番狂わせよきかな

 

 

 

仕事の予定が狂ったおかげで

新しい友だちできた。

偶然宿泊が一緒になった方。

 

いつもの素敵なゲストハウスにて、

オーナー交えてあれこれと話のはずむ

楽しい時間を過ごすこととなる。

 

 

f:id:nyonya-c:20210212125922j:plain

 

刺激に満ちた番狂わせ大好き!

 

 

 

次のビジネスホテルに移動し、

どっぷり風呂に入り心身ほぐし

見逃していたYouTube番組を見溜めし

大型ショッピングモールなんぞに買い物に出かける。

 

イノシシ肉解体用のナイフが欲しかったのです。

 

確かあそこには刃物専門店が入っていたのだ。

これまで自作の皮剥ぎ用ナイフを何にでも使い回していたのだが

猪解体動画見てるうちにいいナイフを使ってやってみたくなった。

刃の素材がぜんぜん違うじゃない?

 

2月11日 建国記念の日

駐車場は車でいっぱい 。

なんか すごいね

コロナ流行ってたんではなかったかしらん?

ま、そーゆー私も混雑増加に貢献して参りましたんですけれども。

 

無事、目指すお店にたどり着き

お店の方にお相手していただきながら

陳列されている刃物を出していただいて手に取って、

しっくりぴたりと手の中にハマり込んでくる一品を見つける。

 

 

f:id:nyonya-c:20210212122901j:plain

 

 

こーゆう洒落たのが欲しかったんじゃないけど

メスみたいなナイフが欲しいと思ってたところ

これが一番手にしっくり来たんだよね。

長さも 重さも カーブも

 

使ってみないことには

本当に合うのかどうかはわからない。

あーー、つぎのが罠にかからないかなぁーーー

 

 

ついでだからぶらぶらしてたら

作家ものの雑貨を販売する

その名も SAKKA ZAKKA という店発見。

 

 

f:id:nyonya-c:20210212124801j:plain

 

 

へーーーー

こんなお店があるんだねぇ~~

私も何か出店したくなって応募条件など聞く。

 

ま、作品、作れてないけど、

 

いろんな作家さんたちの表現を見ているだけで

テンション上がる!!

私もなんか作りたい!!

 

 

中でも漆作家さんのアクセサリーに釘付けになってしまい

一品購入。

 

 

f:id:nyonya-c:20210212123017j:plain

 

ピント合ってない

 

小屋のお飾り状態になっている

古いシンガーミシンと一緒に撮ってみた。

このピアス

私によく似あいます。

 

 

 

この漆塗りピアスを見ていると

なぜかイノシシの骨へと連想がとぶ

そして

出張前のゴミ出しに間に合わなくて

骨ゴミが冷蔵庫保存されていたことを思い出す。

あ~~良かった 捨ててなくて

 

 

f:id:nyonya-c:20210212122453j:plain

 

多分、これは腰椎

たぶん

いや、胸椎か?

 

脊柱って不思議なかたち

小さい中に美しく変化に富むカーブを見せる。

 

こんなのを脱脂して

柿渋コーティングとかしたらどうかな~?

木みたいに見えて面白いかも~~

とか思って。

 

漆はやってみたいけど、根性もたんと思う。

 

 

 

こんなそんなが

失った収入に見合う経済効果を生み出すかどうかなんて

知ったことかいっ

てやんでぇっ です。

 

刺激がないと生きていけん

 

これでいいのだ