小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

なんか良い感じ 宇品

 

市電に乗って広島港、宇品へ

今日はみなとマルシェ出店条件のお話聞きに

やっぱ火器使うのだといろいろ制約があるそうな。

 

市電=路面電車のことですが

遅いです。

乗り換えもあってわかりにくい。

 

 

f:id:nyonya-c:20150920181335j:plain

 

 

今日も快晴

空が高い

 

事務局の方達良い感じだったし

出展者の方もこころよく

準備する物

消防署の条件

ガス屋さん情報なんか教えてくれました。

 

来月、第三日曜日から出店するぞ!!

ややビビリながらですが

するぞ!!!

 

 

 

f:id:nyonya-c:20150920182129j:plain

 

 

パラソルの下

海眺めながら牛すじかりー食す。

 

すごく天気良い

久しぶりに半袖Tシャツに潮風が気持ち良い~~

 

 

 

f:id:nyonya-c:20150920182426j:plain

 

 

飛行機雲 X

 

 

帰り、

やっぱ市電わかりづらくて逃しちゃった

で、ベンチに座ってメール打つ、、

 

向こうからおじさんが近づいてくる気配、

どうやら

私の方へ向かっている気配、

顔をあげたら、

やっぱ、私に向かって来ている。

 

「お姉ちゃん、こんなこと言うのは気がひけるんじゃけどぉ、、」

???

「わし、県病院に入院しとって、帰りに電車乗ろう思ったら

100円足りんのんよ、」

と、手のひら広げて小銭を見せる。

 

いやぁ~~~、シャツもズボンもしみだらけで

無精ひげに日焼けして

入院患者って、ウソでしょう~~?

 

「100円だけ貸しといてくれん?」

「貸すったって、もう会わないじゃない、私達、

いいですよ、返さなくったって。

はい、どうぞ。」

 

毎日ここに来とるけぇ、返すよ、とか

どこどこ界隈でタクシーやっとった、とか

もう79歳だ、とか少し話して

 

「お姉ちゃんも元気でな」

「うん、おじさんもね」

 

と言っておじさんは去って行った。

 

むーーーん

非日常感でおもしろし、宇品。

 

 

やっぱここで出店しよう。