読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小屋暮らしの日記 byいちの木

築50年、昭和~~な小屋をせっせとリフォームしながら暮らしてます! なるべく働かず、いろいろやって生きてます。

イノシシ 罠にかかる

小屋じまん ワタクシゴト

 

お昼ご飯の支度をしていたら、

父がハイテンションで現れ

「イノシシが罠にかかってるぞ!」と言う。

 

私は出張行ってて知らなかったんだけど

箱罠の持ち主が

くくり罠と箱罠の両方を仕掛けていたらしい。

 

去年はちっとも狩りしてなかったのに。

 

今回かかったのはくくり罠の方なので

イノシシを刺激してはならない、とチラとのぞくこともできず。

キッチンに戻って料理をしている間に

コトは終わってしまっていた、、、、

 

無念、、、、

だから写真もないのよ。

結構大きい雄イノシシで

今年一番でかいのだったそうな。

 

夏に私と目があった、あやつか?

と、思うと一抹の寂しさが、、、

 

トラックに乗っけた後、

助っ人含めて4人のおじさん達が

家の周りの足跡をたどったりと、

出没状況を観察していました。

 

私の出番はなさそうだけど

肉は食べれるな。

 

 

 

 

時々チェックしていたブロガーさんが

ブログタイトルを変えた。

 

そして、ブログの趣向もまったく変わるらしい。

 

これまでは、原発問題や偽旗事件

ますます混乱していく世界情勢について

主に書かれていて、

海外在住者だからというのもあって

一般に日本でブログしてる人とは

視点が違っているのが面白い。

最近の記事で気に入ったタイトルが

 

「日本人は実は自発的に隷従することを望んでいる」

「日本人は何もしないためなら何でもする」

 

うっわーーー、どうです、この辛辣なタイトル

 

想田 和弘さんの

「日本人は民主主義を捨てたがっているのか」

も、ぐっときたけどね。

 

これから、ブログタイトルは

「幸せな人生にシフトする方法」

になるんなんですって!!!

 

いわく、

これまでのような内容を書き続けることに

精神的負担を感じるようになった。

心配したり、不安になってばかりいたらそういう現実を引き寄せてしまう。

これからは、現実をちゃんと受け止めながらも

心が喜ぶ方向へシフトしていきたい。

とのこと。

 

そうですよねー

 

私はこれまで

そういった裏情報的サイトを読み込んで

タブレットと添い寝して目覚めちゃまた読んで

と、時事問題ばかり追いかけていた時期があった。

 

それは、それが好物だからではなく

真剣に危機を感じていたからなんだけど、

正直、だいぶ疲れてきている。

 

現実にも左翼な活動家たちと関わるようになって

やっぱ、なんか違う、自分の居場所じゃない

って感じがしていたし。

 

ここに罠があるぞ!!ここに罠があるぞ!!

と大声で叫ぶことで

そのことに気持ちが集中してしまい

かえって取り込まれてしまったり、

大声をあげることで、かえって他人が耳をふさいでしまう状況になったり。

誰かが声を上げることは大切なのだろうけど

声の上げ方、かな。

 

そもそも、そんな罠に引っかからないような動き

取り込まれないような自由な生き方ができれば

それに越したことはない。

いつかは死ぬんだし

罠の恐怖にしばられて生きることはない。

 

なんつっても

それがなかなかできない

ってーの、ありますけどね。

 

 

ブログの趣向を変えたので

彼女が顔をさらしてました。

笑顔の明るい、かわいいお嬢さんだった!!

こんな人があんなこと考えてたなんて!!!

 

彼女の今後のブログも楽しみです。

 

私もこのブログの初心忘れるべからず、で、

なるべく働かず

で、自由な生き方にシフトしていかなくっちゃー

 

ふむ、ふむ、